イイ俳優セレクション

光石研(みついし けん)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『青くて痛くて脆い』光石研

1961年9月26日福岡県生まれ。1978年に曽根中生監督作『博多っ子純情』の主役に抜擢され俳優デビュー。主な映画出演作に『Helpless』『あぜ道のダンディ』『ヒミズ』『共喰い』『映画 深夜食堂』『お盆の弟』『恋人』『シン・ゴジラ』などがある。そのほか数々の映画、テレビドラマに出演し活躍。

イイ男セレクション/出演作

『博多っ子純情』『ブルージーンズメモリー』『近頃なぜかチャールストン』『セーラー服と機関銃』『夜をぶっとばせ』『いとしのラハイナ』『オキナワの少年』『せぶり物語』『キネマの天地』『星砂物語』『極道の妻たちII』『吉原炎上』『肉体の門』『潤の街』『バカヤローII』『就職戦線異状なし』『ひき逃げファミリー』『さまよえる脳髄』『国会ヘ行こう』『とられてたまるか』『Love Letter』『勝手に死なせて』『THEPILLOWBOOK』『ミナミの帝王』『スワロウテイル』『Helpless』『WILD LIFE』『織部金次郎4』『織部金次郎5』『四月物語』『秘祭』『のど自慢』『Shady Grove』『なで肩の狐』『シン・レッド・ライン』『海ノ月』『あつもの』『オーディション』『独立少年合唱団』『ひまわり』『カオス』『ユリイカ』『五条霊戦記』『殺し』『ホワイトアウト』『火垂』『エコエコアザラク』『贅沢な骨』『録音霊』『Reset』『まぶだち』『GO!』『害虫』『ハッシュ!』『KT』『MSTERBTN』『おぎゃあ。』『Border Line』『わたしのグランパ』『アイノカラダ』『DEAD END RUN』『OPEN HOUSE』『この世の外へ クラブ進駐軍』『ロスト・メモリーズ』『ジャンプ』『日常恐怖劇場 オモヒノタマ~マンション~』『風音』『映画番町シリーズ・ユダ』『レディ・ジョーカー』『TOKYO NOIR トウキョーノワール』『パッチギ!』『ジーナ・K』『パセリ』『帰郷』『亡国のイージス』『スクラップ・ヘブン』『鍵がない』『ブラックキス』『LIMIT OF LOVE 海猿』『陽気なギャングが地球を回す』『雨の町』『colors』『46億年の恋』『シュガー&スパイス~風味絶佳~』『紀子の食卓』『パビリオン山椒魚』『キャッチボール屋』『サンクチュアリ』『ありがとう』『無花果の顔』『ボーイ・ミーツ・プサン』『それでもボクはやってない』『バウムクーヘン』『刺青 堕ちた女郎蜘蛛』『松ヶ根乱射事件』『エクステ』『こおろぎ』『キトキト!』『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』『インビジブル・ウェーブ』『怪談』『サッド・ヴァケイション』『めがね』『観察 永遠に君をみつめて』『未来予想図』『Little DJ 小さな恋の物語』『砂の影』『パークアンドラブホテル』『その木戸を通って』『歓喜の歌』『奈緒子』『Sweet Rain 死神の精度』『たみおのしあわせ』『DIVE!!』『ぐるりのこと。』『フライング・ラビッツ』『TOKYO!<インテリア・デザイン>』『ひゃくはち』『コドモのコドモ』『20世紀少年』『悪夢探偵2』『感染列島』『おっぱいバレー』『20世紀少年第二章』『20世紀少年第三章』『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』『カイジ』『なくもんか』『ウルルの森の物語』『猿ロック』『悪人』『十三人の刺客』『酔いがさめたら、うちに帰ろう』『ヒーローショー』『カケラ』『信さん・炭坑町のセレナーデ』『ヘヴンズストーリー』『nude』『マザーウォーター』『あの星はいつ現はれるか』『あぜ道のダンディ』『毎日かあさん』『岳-ガク-』『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』『しあわせのパン』『ロック~わんこの島~』『シャッフル』『LOVE まさお君が行く!』『東京プレイボーイクラブ』『ヒミズ』『レンタネコ』『アウトレイジ ビヨンド』『ニュータウンの青春』『共喰い』『恋する歯車』『脳男』『はじまりのみち』『ガッチャマン』『FORMA』『家路』『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』『闇金ウシジマくん2』『バンクーバーの朝日』『恋人たち』『天空の蜂』『お盆の弟』『愛の小さな歴史』『ジョーカーゲーム』『深夜食堂』『破れたハートを売り物に』『HERO(ヒーローになる時、それは今)』『14の夜』『海賊と呼ばれた男』『続・深夜食堂』『夏美のホタル』『シン・ゴジラ』『オケ老人!』『森山中教習所』『無伴奏』『彼女の人生は間違いじゃない』『散歩する侵略者』『アウトレイジ 最終章』『おじいちゃん、死んじゃったって。』『南瓜とマヨネーズ』『悪と仮面のルール』『モリのいる場所』『友罪』『羊と鋼の森』『君が君で君だ』『ザ・ファブル』『いちごの唄』『任俠学園』『蜜蜂と遠雷』『わたしは光をにぎっている』『青くて痛くて脆い』『喜劇 愛妻物語』『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』『浜の朝日の嘘つきどもと』『マイ・ダディ』『メタモルフォーゼの縁側』『異動辞令は音楽隊!』『波紋』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

出演作の多さが物語っていますが、脇役でもいつも印象を残し、彼の名前と顔を覚えて観てもらえれば、いかに多くの作品に出ているか実感できると思います。映画界に欠かせない人物です。

Recommended by Myson

©2014「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」製作委員会
©2016荒木源・小学館/「オケ老人!」製作委員会
©2015「無伴奏」製作委員会
©2017『彼女の人生は間違いじゃない』製作委員会
© 2017『おじいちゃん、死んじゃったって。』製作委員会
©中村文則/講談社 ©2017「悪と仮面のルール」製作委員会
©2017「モリのいる場所」製作委員会
©2018「羊と鋼の森」製作委員会
©2019「ザ・ファブル」製作委員会
©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会
© 2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
©2020 映画「青くて痛くて脆い」製作委員会

from 2017/7/3

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP