REVIEW

コンジアム

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『コンジアム』イ・スンウク/パク・ジヒョン/パク・ソンフン/オ・アヨン/ムン・イェウォン

YouTubeの恐怖動画を配信する人気チャンネルで稼ごうと目論む若者達が、意気揚々と廃墟に出かけ、生リポートをするという設定なので、この後何が起きるのかはみえみえではありますが、わかっちゃいながら、こういうホラーって観ちゃいますよね(笑)。韓国では、2018年3月に公開されるや否や、公開からわずか15日間で観客動員は256万人を越え、『箪笥』(2003)に次ぐ韓国ホラー映画歴代興収2位を記録する大ヒットを飛ばしています。本作はモキュメンタリーとなっていますが、6つのタイプのカメラ、19台のカメラで同時に撮影されており、映画史上初の俳優による撮影を敢行しています。スマホやゴープロなどでも撮っているのがわかりますが、まさに“今どき”な演出がリアリティを増し、韓国でもヒットに繋がったのではと思います。そして物語の舞台となっている廃墟で、タイトルについている“コンジアム”とは、京畿道広州市に実在し、今は廃墟となったコンジアム精神病院のこと。ここは世界7大心霊スポットに選出されているようですが、実在すると言われると怖さが増しますよね。ホラーを観慣れている立場からすると、怖さはそれほどでもなかったのですが、普段あまりホラーを観ない人にはちゃんと刺激があると思います。私は怖さよりも、後半の恐怖を表す“顔芸”オンパレードに惹かれました。俳優さん達が自分達でカメラを持って撮影されているわけですが、クライマックスは顔のドアップシーンがふんだんに使われていて、惜しげもなく、すごい表情を見せてくれます。美男美女が揃っているのに、ここまでするとはスゴい!こういう表情まで見せる俳優魂に感心しました。ホラーとして観るも良し、俳優さん達の表情を楽しむも良し、撮影方法のアレコレに注目するも良しの作品です。

デート向き映画判定
映画『コンジアム』イ・スンウク/パク・ジヒョン/オ・アヨン/ムン・イェウォン

吊り橋効果満点なので、デートで観ると距離が縮まるはず。でも、実在の心霊スポットを舞台にしているというところで、本気で霊感が強い人は何かしらの影響を受けたりするのかなという点は注意が必要でしょう。デートで観る方は、モキュメンタリーなので、登場人物達と一緒に廃墟ツアーに行く感覚で楽しんで頂ければと思いますが、映画を観終わった後に気分を入れ替えたい人もいるかも知れないので、昼間に観るほうが良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『コンジアム』

キッズやティーンの皆さんは、YouTubeで動画を観たり、スマホやゴープロなどで動画を撮ったりすることに興味がある人も多いだろうし、自分はやらなくても身近でそういうことに触れている人も多いと思います。なので、この物語をより身近に感じられるでしょうし、キャッキャ言いながら盛り上がるには抜群の作品なので、肝試し気分で友達を誘ってみてはどうでしょうか?

2019年3月23日より全国順次公開
ブロードウェイ
公式サイト

© 2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉/舘ひろし アルキメデスの大戦

タイトルに“大戦”とありますが、戦争映画そのものではなく、戦争を起こさせまいと奔走した天才数学者の物語です。史実を基にしていますが、フィクションということで、歴史に詳しい人が観るのと、そうでない人が観るのとで…

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』松田翔太 松田翔太(まつだ しょうた)

1985年9月10日、東京都生まれ。父は松田優作、母は松田美由紀、兄は松田龍平。2005年にTVドラマ『ヤンキー母校に帰る 旅立ちの時・不良少年の夢』で…

映画『世界の涯ての鼓動』ジェームズ・マカヴォイ ジェームズ・マカヴォイ

1979年、スコットランドグスコー生まれ。1995年に“The Near Room(原題)”で映画デビュー。その後は、主にイギリス国内のテレビや舞台で活躍。2005年の『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』のタムナスさん役で有名になり…

映画『チャイルド・プレイ』 チャイルド・プレイ

“チャイルド・プレイ”シリーズ第1作目は1988年に公開されたとのことで、始まってからもう30年も経ったんですね。本作は大ヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の製作陣を迎え、新しい設定で…

映画『エクソシスト』 ワーナー・ブラザースが贈る新しいホラー体験【ワーナー ホラーエンターテイメント】が発足!

ワーナー・ブラザース映画が、ホラー作品をより多くの方に楽しんでもらいたいという思いから、このたび【ワーナー ホラーエンターテイメント】を立ち上げました! さらに公式Twitterアカウント<ワーナーホラー部>も始動。

映画『ニューヨーク 最高の訳あり物件』ハルク・ビルギナー ハルク・ビルギナー

1954年トルコ、イズミル生まれ。アンカラで自らの劇場を設立し、後にイスタンブールにも劇場を開く。トルコの国民的俳優で、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した…

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢

本作は、俳優としても活躍するジル・ルルーシュが監督と脚本(共同脚本:アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ)を務め、マチュー・アマルリック、ギョーム・カネといった、フランスの人気実力派俳優が出演しています。個人的に…

おすすめ記事

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

REVIEW

  1. 映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉/舘ひろし
  2. 映画『チャイルド・プレイ』
  3. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード
  4. 映画『五億円のじんせい』望月歩
  5. 映画『マーウェン』スティーヴ・カレル
    マーウェン

  6. 海外ドラマ『ギフテッド 新世代X-MEN誕生 シーズン2』ジェイミー・チャン/ナタリー・アリン・リンド
  7. 映画『ハッピー・デス・デイ 2U』ジェシカ・ロース
  8. 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』窪田正孝
  9. 映画『トイ・ストーリー4』
  10. 映画『ワイルドライフ』ジェイク・ギレンホール/キャリー・マリガン

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  2. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP