REVIEW

  1. 映画『バンブルビー』ヘイリー・スタインフェルド

    バンブルビー

    “トランスフォーマー”シリーズで登場した時から、バンブルビーの愛らしさは充分に描かれてきましたが、本作ではより彼のキュートさが際立っていて、キュンキュンしました。バンブルビーが声を出せなくなった…

  2. 映画『ブラック・クランズマン』ジョン・デヴィッド・ワシントン/アダム・ドライバー

    ブラック・クランズマン

    過激な白人至上主義団体KKK<クー・クラックス・クラン>に潜入した黒人刑事の実話を映画化。「黒人がどうやってKKKに潜入?」って誰もが不思議に思いますよね。どういうカラクリなのかは…

  3. 映画『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティ・ジョーンズ/アーミー・ハマー

    ビリーブ 未来への大逆転

    核家族で、子育てをしながら名門ハーバード法科大学院に通い、同時に夫の看病をするだけでなく、同じ大学院に通う夫の分も代わりに授業を受けて、夫が回復したら夫の就職先に合わせて引っ越し。それに伴い…

  4. トーキョー女子映画部ロゴ

    バックナンバーや一覧はこちら

    まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

  5. 映画『キャプテン・マーベル』ブリー・ラーソン

    キャプテン・マーベル

    まず、マーベルのロゴが出てくるオープニングは、故スタン・リーに捧げる内容になっていて、ウルッときます…

  6. 映画『ホテル・エルロワイヤル』クリス・ヘムズワース/ダコタ・ジョンソン

    ホテル・エルロワイヤル

  7. 映画『コンジアム』イ・スンウク/パク・ジヒョン/パク・ソンフン/オ・アヨン/ムン・イェウォン

    コンジアム

  8. 映画『PRINCE OF LEGEND』片寄涼太/飯島寛騎/塩野瑛久/鈴木伸之/川村壱馬/佐野玲於/関口メンディー/吉野北人/藤原樹/長谷川慎/町田啓太/清原翔/遠藤史也/こだまたいち

    PRINCE OF LEGEND

  9. 映画『歯まん』馬場野々香

    歯まん

  10. 映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ/GACKT

    2019年2〜3月前半から劇場公開中映画一覧

  11. トーキョー親子映画部(in トーキョー女子映画部)

    トーキョー親子映画部

  12. トーキョー女子映画部ロゴ

    デート向き映画判定について

  13. トーキョー女子映画部ロゴ

    映画デートに行く前のチェックポイント

新着記事

Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ザッカリー・クイント ザッカリー・クイント

1977年6月2日アメリカ、ペンシルバニア州生まれ。11歳の頃から…

映画『天国にちがいない』エリア・スレイマン 天国にちがいない

なんて可愛らしい映画なんでしょうか。人間は…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン イ・ビョンホン

1970年7月12日韓国生まれ。1991年、TVドラマ『アスファルト我が故郷』で俳優活動を開始し…

映画『わたしの叔父さん』イェデ・スナゴー わたしの叔父さん

のどかで美しいデンマークの農場が舞台の本作。主人公は、27歳の女性クリスで…

映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし ヤクザと家族 The Family

人には人との繋がりが大切で、どんな環境どんな関係であっても、家族と呼べる関係が…

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
PAGE TOP