REVIEW

ブラック・クランズマン

映画『ブラック・クランズマン』ジョン・デヴィッド・ワシントン/アダム・ドライバー

過激な白人至上主義団体KKK<クー・クラックス・クラン>に潜入した黒人刑事の実話を映画化。「黒人がどうやってKKKに潜入?」って誰もが不思議に思いますよね。どういうカラクリなのかは映画を観て頂ければと思いますが、とても緊張感のあるストーリーを、コミカルにテンポ良く描いていて、監督、脚本を担当したスパイク・リーの手腕を実感します。そして、特筆すべきは主演のジョン・デヴィッド・ワシントン。父デンゼル・ワシントンから見事に演技の才能も受け継いだんだなと思わせる名演で、同時にキュートさも兼ね備えていてとても魅力的な俳優です。そして、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたアダム・ドライバー、KKKのメンバーであり議員のデビッド・デュークを演じたトファー・グレイスの功績も忘れてはいけません。もう1人強烈にインパクトがあったのは、KKKメンバーの妻を演じたアシュリー・アトキンソン。リアルに憎ったらしくて、クライマックスは彼女のおかげで盛り上がります。
トランプ政権に代わり、KKKの活動を煽りかねない状況がアメリカにはありますが、1970年代半ばにアメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署で初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワースのこの物語が、遠い昔のこととは言えないのが切ないです。こっち側、あっち側という短絡的な分け方ではなく、それぞれの立場にあっても、それぞれに戦い方のスタンスが違う点を描いている点でも、いろいろと考えさせられる内容。KKKがいかにバカげたことをやっているかを皮肉に描いていて笑えるシーンもありますが、一部の人間だけじゃなく、皆がこれを笑える時代に早くなれば良いのにと思います。

デート向き映画判定
映画『ブラック・クランズマン』ジョン・デヴィッド・ワシントン/ローラ・ハリアー

主人公ロン・ストールワースと、彼が好意を寄せる女性とのロマンスも描かれていて、それぞれに主義主張をしっかり持つ男女が交際すると、こういうやり取りになるんだなという様子がリアルに描かれています。お互いに譲れないものがあっても、理解し合うことはできるのか、参考にしてみてください。また、本作は社会派ドラマですが、ユーモアが満載なので、とても観やすいです。デートで観るのもアリだと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ブラック・クランズマン』映画『ブラック・クランズマン』ジョン・デヴィッド・ワシントン/アダム・ドライバー

実話という点と、そのストーリーの興味深さで、若い皆さんが観ても、没入できると思います。黒人差別が色濃く残る1970年代半ばにアメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署で初の黒人刑事として採用された主人公ロン・ストールワースは、ちょっとおっちょこちょいな面もありながら、誠実で一生懸命なので、誰もが共感できると思います。ただでさえその状況で生きていくことが困難な彼が、それでも戦う姿に良い刺激を受けられるはずです。

映画『ブラック・クランズマン』ジョン・デヴィッド・ワシントン/アダム・ドライバー

2019年3月22日より全国公開
パルコ
公式サイト

©2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

関連記事

新着記事

映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』レオナルド・シャイヒャー/トム・グラメンツ/ヨナス・ダスラ―/レナ・クレンク/イザイア・ミカルスキ 僕たちは希望という名の列車に乗った

舞台はベルリンの壁建設の5年前にあたる1956年、ソ連の影響下に置かれていた旧東ドイツ。ここで高校に通っていた生徒達が実際に起こした出来事を映画化しています。生徒達の一部が…

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス ロビン・ウィリアムズにならい、自分自身のスタイルをジーニーに注ぎ込んだ『アラジン』ウィル・スミス来日

ディズニーが実写化した『アラジン』で、“3つの願い“を叶えてくれるランプの魔人ジーニーを演じたウィル・スミスが来日。最速試写会に集まったファンに迎えられ、イベントに登壇しました。ウィルは「また東京に来られてとても興奮しています。この映画は私のキャリアの中で…

映画『ガルヴェストン』ベン・フォスター ベン・フォスター

1980年10月29日アメリカ、ボストン生まれ。16歳でプロ俳優となり、2003年から2013年まで3シーズンまで出演したTVドラマ…

映画『居眠り磐音』松坂桃李 松坂桃李(まつざか とおり)

1988年10月17日、神奈川県生まれ。2009年にドラマ『侍戦隊シンケンジャー』で俳優デビューにして初主演を飾る。2011年『僕たちは世界を変えることができない』『アントキノイノチ』で…

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』セルゲイ・ポルーニン セルゲイ・ポルーニン

1989年旧ソ連、ウクライナ共和国(現ウクライナ)生まれ。4歳から体操を習い、8歳でバレエを始める。キエフ国立バレエ学校で学び…

映画『バイオレンス・ボイジャー』 バイオレンス・ボイジャー

とてもグロテスクで過激ですが、アーティスティックなタッチなので、ただのホラー映画として括るのはもったいない作品…

映画『神と共に 第一章:罪と罰』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/チャ・テヒョン 神と共に 第一章:罪と罰

死んだ者は49日間のうちに、使者と共に7つの地獄を旅して、殺人、怠惰、ウソ、不義、裏切り、暴力、天倫という7つの罪状すべてを晴らせば、現世に生まれ変われるという設定で、タイトルからも宗教色を強く感じさせるのですが…

おすすめ記事

第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督 女子の本音調査:映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング

今回はカンヌ国際映画祭の時期にちなんで、国内、海外で開催される数々の映画祭・映画賞についてのアンケートを行いました。今回はその第1弾として、映画好き女子が信頼を寄せる映画祭やアメリカの映画賞についての結果を発表します!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ 映画好き女子のお気に入りは?本作俳優&クイーンのメンバーについて調査『ボヘミアン・ラプソディ』

伝説のバンド“クイーン”の知られざる姿を描き、国内では興行収入128.5億円(2019年4月12日現在)を突破し、社会現象を巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディ』。今回のアンケートでは、本作の出演俳優やクイーンのメンバーについて映画好き女子の反応を探ってみました!

映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ 鑑賞後に答え合わせがしたくなる!『マローボーン家の掟』

映画『マローボーン家の掟』スニークプレビュー部活今回は当部初の“男女ペア限定部活”として、さらにこれまた初の“スニークプレビュー”として、部活を行いました。タイトルや内容などは一切伏せて、“震撼スリラー”というヒントだけを出して募集をかけましたが、皆さんドキドキしながら参加して頂いたようで…

REVIEW

  1. 映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』レオナルド・シャイヒャー/トム・グラメンツ/ヨナス・ダスラ―/レナ・クレンク/イザイア・ミカルスキ
  2. 映画『バイオレンス・ボイジャー』
  3. 映画『神と共に 第一章:罪と罰』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/チャ・テヒョン
  4. 映画『空母いぶき』西島秀俊/佐々木蔵之介
    空母いぶき

  5. 映画『ガルヴェストン』エル・ファニング
  6. 映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ/ルーカス・ヘッジズ
  7. 映画『居眠り磐音』松坂桃李
    居眠り磐音

  8. 映画『RBG 最強の85才』ルース・ベイダー・ギンズバーグ
  9. 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』オレグ・イヴェンコ
  10. 映画『コレット』キーラ・ナイトレイ
    コレット

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP