REVIEW

ブラック・クランズマン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ブラック・クランズマン』ジョン・デヴィッド・ワシントン/アダム・ドライバー

過激な白人至上主義団体KKK<クー・クラックス・クラン>に潜入した黒人刑事の実話を映画化。「黒人がどうやってKKKに潜入?」って誰もが不思議に思いますよね。どういうカラクリなのかは映画を観て頂ければと思いますが、とても緊張感のあるストーリーを、コミカルにテンポ良く描いていて、監督、脚本を担当したスパイク・リーの手腕を実感します。そして、特筆すべきは主演のジョン・デヴィッド・ワシントン。父デンゼル・ワシントンから見事に演技の才能も受け継いだんだなと思わせる名演で、同時にキュートさも兼ね備えていてとても魅力的な俳優です。そして、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたアダム・ドライバー、KKKのメンバーであり議員のデビッド・デュークを演じたトファー・グレイスの功績も忘れてはいけません。もう1人強烈にインパクトがあったのは、KKKメンバーの妻を演じたアシュリー・アトキンソン。リアルに憎ったらしくて、クライマックスは彼女のおかげで盛り上がります。
トランプ政権に代わり、KKKの活動を煽りかねない状況がアメリカにはありますが、1970年代半ばにアメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署で初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワースのこの物語が、遠い昔のこととは言えないのが切ないです。こっち側、あっち側という短絡的な分け方ではなく、それぞれの立場にあっても、それぞれに戦い方のスタンスが違う点を描いている点でも、いろいろと考えさせられる内容。KKKがいかにバカげたことをやっているかを皮肉に描いていて笑えるシーンもありますが、一部の人間だけじゃなく、皆がこれを笑える時代に早くなれば良いのにと思います。

デート向き映画判定
映画『ブラック・クランズマン』ジョン・デヴィッド・ワシントン/ローラ・ハリアー

主人公ロン・ストールワースと、彼が好意を寄せる女性とのロマンスも描かれていて、それぞれに主義主張をしっかり持つ男女が交際すると、こういうやり取りになるんだなという様子がリアルに描かれています。お互いに譲れないものがあっても、理解し合うことはできるのか、参考にしてみてください。また、本作は社会派ドラマですが、ユーモアが満載なので、とても観やすいです。デートで観るのもアリだと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ブラック・クランズマン』映画『ブラック・クランズマン』ジョン・デヴィッド・ワシントン/アダム・ドライバー

実話という点と、そのストーリーの興味深さで、若い皆さんが観ても、没入できると思います。黒人差別が色濃く残る1970年代半ばにアメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署で初の黒人刑事として採用された主人公ロン・ストールワースは、ちょっとおっちょこちょいな面もありながら、誠実で一生懸命なので、誰もが共感できると思います。ただでさえその状況で生きていくことが困難な彼が、それでも戦う姿に良い刺激を受けられるはずです。

映画『ブラック・クランズマン』ジョン・デヴィッド・ワシントン/アダム・ドライバー

2019年3月22日より全国公開
パルコ
公式サイト

©2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉/舘ひろし アルキメデスの大戦

タイトルに“大戦”とありますが、戦争映画そのものではなく、戦争を起こさせまいと奔走した天才数学者の物語です。史実を基にしていますが、フィクションということで、歴史に詳しい人が観るのと、そうでない人が観るのとで…

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』松田翔太 松田翔太(まつだ しょうた)

1985年9月10日、東京都生まれ。父は松田優作、母は松田美由紀、兄は松田龍平。2005年にTVドラマ『ヤンキー母校に帰る 旅立ちの時・不良少年の夢』で…

映画『世界の涯ての鼓動』ジェームズ・マカヴォイ ジェームズ・マカヴォイ

1979年、スコットランドグスコー生まれ。1995年に“The Near Room(原題)”で映画デビュー。その後は、主にイギリス国内のテレビや舞台で活躍。2005年の『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』のタムナスさん役で有名になり…

映画『チャイルド・プレイ』 チャイルド・プレイ

“チャイルド・プレイ”シリーズ第1作目は1988年に公開されたとのことで、始まってからもう30年も経ったんですね。本作は大ヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の製作陣を迎え、新しい設定で…

映画『エクソシスト』 ワーナー・ブラザースが贈る新しいホラー体験【ワーナー ホラーエンターテイメント】が発足!

ワーナー・ブラザース映画が、ホラー作品をより多くの方に楽しんでもらいたいという思いから、このたび【ワーナー ホラーエンターテイメント】を立ち上げました! さらに公式Twitterアカウント<ワーナーホラー部>も始動。

映画『ニューヨーク 最高の訳あり物件』ハルク・ビルギナー ハルク・ビルギナー

1954年トルコ、イズミル生まれ。アンカラで自らの劇場を設立し、後にイスタンブールにも劇場を開く。トルコの国民的俳優で、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した…

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢

本作は、俳優としても活躍するジル・ルルーシュが監督と脚本(共同脚本:アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ)を務め、マチュー・アマルリック、ギョーム・カネといった、フランスの人気実力派俳優が出演しています。個人的に…

おすすめ記事

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

REVIEW

  1. 映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉/舘ひろし
  2. 映画『チャイルド・プレイ』
  3. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード
  4. 映画『五億円のじんせい』望月歩
  5. 映画『マーウェン』スティーヴ・カレル
    マーウェン

  6. 海外ドラマ『ギフテッド 新世代X-MEN誕生 シーズン2』ジェイミー・チャン/ナタリー・アリン・リンド
  7. 映画『ハッピー・デス・デイ 2U』ジェシカ・ロース
  8. 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』窪田正孝
  9. 映画『トイ・ストーリー4』
  10. 映画『ワイルドライフ』ジェイク・ギレンホール/キャリー・マリガン

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  2. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP