REVIEW

歯まん

映画『歯まん』馬場野々香

タイトルからして「まさか、そういう意味じゃないよね?」と恐る恐る観ましたが、冒頭で「やっぱりそうか〜〜〜!」と衝撃を受けます。強烈なシーンからスタートするので、観客の興味をグッと引きつけることは間違いないのですが、それを維持するのが難しいところを、うまくドラマ性を交えて描いています。宣伝では、“純愛ダークファンタジー”とカテゴライズされているようですが、上手いこと表現しましたね!正直言うと、血しぶきが飛びまくるし、いろいろちょん切れるし、ホラー的な描写が満載なのですが、ラブストーリーと、人間ドラマと、ある意味ファンタジーの要素があり、ホラーに入れたくない気持ちもわかります。それはテーマが、“愛とセックス”だからだと思いますが、よくぞ、こういった設定に置き換えて描いたなと、そのセンスに驚かされます。ここまで極端だからこそ、「愛にセックスは必要か?」と究極の選択として考えられるんですよね。演技、演出、設定と、とてもエネルギッシュな作品となっていますよ。

デート向き映画判定
映画『歯まん』馬場野々香

これはデートで観てはいけません(苦笑)。特に男性は、冒頭から度肝を抜かれ、いろんな意味でプルプルと震えながら観ることになるでしょう。ぶっ飛んだ設定なので、同じシチュエーションだったら自分ではどうかという想像が難しい部分はありますが、やはり女性は主人公目線で、感情移入しやすいと思います。女友達と観るか、1人でじっくり観るのが良いですが、かなりヘビーではあるので、誰かを誘うなら、映画を観慣れている友達を誘いましょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『歯まん』馬場野々香

R-18なので、18歳未満の人は観られません。18歳以上でもかなり強烈な内容なので、映画を観慣れていないと、ビックリするシーンが多いと思います。ホラー的な怖さもあるし、そういう描写も何度も出てくるのですが、エモーショナルな展開の中でいろいろなことが起きるし、主人公が高校生なので、皆さんの世代なりの感じ方があるように思います。年齢制限を超えていて、覚悟ができる人は観てみてください。性描写が多いので、1人で観るか、仲が良く気を使わない相手と観るのをオススメします。

『歯まん』
2019年3月2日より全国順次公開
R-18+
アルゴ・ピクチャーズ
公式サイト

©2015「歯まん」

TEXT by Myson

関連記事

新着記事

映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』レオナルド・シャイヒャー/トム・グラメンツ/ヨナス・ダスラ―/レナ・クレンク/イザイア・ミカルスキ 僕たちは希望という名の列車に乗った

舞台はベルリンの壁建設の5年前にあたる1956年、ソ連の影響下に置かれていた旧東ドイツ。ここで高校に通っていた生徒達が実際に起こした出来事を映画化しています。生徒達の一部が…

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス ロビン・ウィリアムズにならい、自分自身のスタイルをジーニーに注ぎ込んだ『アラジン』ウィル・スミス来日

ディズニーが実写化した『アラジン』で、“3つの願い“を叶えてくれるランプの魔人ジーニーを演じたウィル・スミスが来日。最速試写会に集まったファンに迎えられ、イベントに登壇しました。ウィルは「また東京に来られてとても興奮しています。この映画は私のキャリアの中で…

映画『ガルヴェストン』ベン・フォスター ベン・フォスター

1980年10月29日アメリカ、ボストン生まれ。16歳でプロ俳優となり、2003年から2013年まで3シーズンまで出演したTVドラマ…

映画『居眠り磐音』松坂桃李 松坂桃李(まつざか とおり)

1988年10月17日、神奈川県生まれ。2009年にドラマ『侍戦隊シンケンジャー』で俳優デビューにして初主演を飾る。2011年『僕たちは世界を変えることができない』『アントキノイノチ』で…

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』セルゲイ・ポルーニン セルゲイ・ポルーニン

1989年旧ソ連、ウクライナ共和国(現ウクライナ)生まれ。4歳から体操を習い、8歳でバレエを始める。キエフ国立バレエ学校で学び…

映画『バイオレンス・ボイジャー』 バイオレンス・ボイジャー

とてもグロテスクで過激ですが、アーティスティックなタッチなので、ただのホラー映画として括るのはもったいない作品…

映画『神と共に 第一章:罪と罰』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/チャ・テヒョン 神と共に 第一章:罪と罰

死んだ者は49日間のうちに、使者と共に7つの地獄を旅して、殺人、怠惰、ウソ、不義、裏切り、暴力、天倫という7つの罪状すべてを晴らせば、現世に生まれ変われるという設定で、タイトルからも宗教色を強く感じさせるのですが…

おすすめ記事

第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督 女子の本音調査:映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング

今回はカンヌ国際映画祭の時期にちなんで、国内、海外で開催される数々の映画祭・映画賞についてのアンケートを行いました。今回はその第1弾として、映画好き女子が信頼を寄せる映画祭やアメリカの映画賞についての結果を発表します!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ 映画好き女子のお気に入りは?本作俳優&クイーンのメンバーについて調査『ボヘミアン・ラプソディ』

伝説のバンド“クイーン”の知られざる姿を描き、国内では興行収入128.5億円(2019年4月12日現在)を突破し、社会現象を巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディ』。今回のアンケートでは、本作の出演俳優やクイーンのメンバーについて映画好き女子の反応を探ってみました!

映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ 鑑賞後に答え合わせがしたくなる!『マローボーン家の掟』

映画『マローボーン家の掟』スニークプレビュー部活今回は当部初の“男女ペア限定部活”として、さらにこれまた初の“スニークプレビュー”として、部活を行いました。タイトルや内容などは一切伏せて、“震撼スリラー”というヒントだけを出して募集をかけましたが、皆さんドキドキしながら参加して頂いたようで…

REVIEW

  1. 映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』レオナルド・シャイヒャー/トム・グラメンツ/ヨナス・ダスラ―/レナ・クレンク/イザイア・ミカルスキ
  2. 映画『バイオレンス・ボイジャー』
  3. 映画『神と共に 第一章:罪と罰』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/チャ・テヒョン
  4. 映画『空母いぶき』西島秀俊/佐々木蔵之介
    空母いぶき

  5. 映画『ガルヴェストン』エル・ファニング
  6. 映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ/ルーカス・ヘッジズ
  7. 映画『居眠り磐音』松坂桃李
    居眠り磐音

  8. 映画『RBG 最強の85才』ルース・ベイダー・ギンズバーグ
  9. 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』オレグ・イヴェンコ
  10. 映画『コレット』キーラ・ナイトレイ
    コレット

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP