特集

トーキョー女子映画部が選ぶ 2019年ベスト5

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2019年ベスト5】を発表します!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

今年の映画 ベスト5 byマイソン

第1位:ジョーカー

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス

物語の世界に引きずり込まれて、他人事に思えない感覚にさせられて、どうしようもない感情に苛まれた映画です。やっぱりこういう映画に何年かに1回は引きずり込まれたい。自分の中の“悪”は誰にでも必ずあって、こういう映画で、そんな自分と向き合わされるんだと思います。映画体験ってこういうことだと改めて体感できた喜びで1位です。ホアキンもスゴかった!

第2位:存在のない子供たち

映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア

嗚咽が出るのを抑えながら泣いたのは、久々です。これが現状だなんて悲し過ぎるし、主人公の少年の強さに完敗ですが、その強さゆえに苦しむ姿に同時に胸が苦しくなりました。ピュアな心と直球な言葉で大人達に反論する姿も、生きるために泣く泣く自分よりも幼い子と離れる決意をする場面も、ずっと目に焼き付いています。

第3位:アベンジャーズ/エンドゲーム

もう細かいことは抜きにして、スゴかったの一言。そして、これこそ超大作映画というのを期待以上に見せてくれる作品ということで、唯一無二の存在。あんなにシリアスな局面でもユーモアを忘れないところもマーベルの王者の風格を感じます。いっぱいエネルギーをチャージさせて頂き、ありがとうございました!

第4位:ハッピー・デス・デイハッピー・デス・デイ 2U

もっともっとヒットして欲しかった作品。しっかりホラーなのに、感動ポイントがあって、構成がとても上手い!言葉の使い方にも長けていて、さりげなく壁に掛かってある一文も、最初と最後で意味がガラッと変わる瞬間に鳥肌が立ちました。ぜひ多くの人に知ってほしいです。

第5位:THE GUILTY/ギルティ

物語の舞台が救急連絡を受けるオフィスの一室に限られていて、相手は声だけの登場なのに、こんなにドラマチックに描くなんて、本当に素晴らしい!どんな相手かを声と話し方と内容だけで判断しなければいけない主人公の気持ちを観客が同時に体感できる設定がとてもユニークで、思わず声を失ってしまうオチもたまりません!

<総評>
他に『翔んで埼玉』『ビリーブ 未来への大逆転』『ある少年の告白』なども入れたかったし、すごく迷いました。今年はシリーズ最終章がたくさん公開された印象ですが、2020年はオリンピックもあるし、良い切り替わりになりそうですね。

今年の映画 ベスト5 byシャミ

第1位:アベンジャーズ/エンドゲーム

今までの“アベンジャーズ”はお祭り映画的な感じで観ていましたが、本作は泣いて笑ってハラハラドキドキしてと、とにかく感情が忙しくて、観終わった後はものすごく達成感がありました。本作を最後にシリーズから退いたキャストには、「本当にお疲れさまでした!たくさんの感動をありがとう」と伝えたいです。これだけ盛り上がった本シリーズが、今後新たにどんな展開をするのか、来年以降も見守りたいと思います。

第2位:ジョーカー

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス

鑑賞中は、終始心にズーンと来るような複雑な気持ちがあって、観終わってからの余韻もすごかったです。いつまでもあれこれ考えてしまっている自分に気付いた時に初めて「ものすごいもの観てしまったな」と感じました。ホアキン・フェニックスの怪演ぶりは、本当に見事でした。

第3位:イエスタデイ

映画『イエスタデイ』ヒメーシュ・パテル/リリー・ジェームズ

こういうテイストの作品って本当に私のタイプで大好きです!!ファンタジーな展開を現実的にサラッと描く感じがとても心地良くて、観終わった後は爽快感を味わえました。ビートルズへのリスペクトも感じ、音楽の偉大さも大いに感じられ純粋に楽しめました。

第4位:キングダム

原作自体好きなのですが、映画化されてもそのスケールを保っていたのがすごい!日本も頑張ればここまでできるんだということも証明されたように思います。ストーリー的にはまだまだ序盤に過ぎないので、ぜひ続編もやって欲しいなと思います。

第5位:スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』デイジー・リドリー/ジョン・ボイエガ /オスカー・アイザック/マーク・ハミル/キャリー・フィッシャー

シリーズのラストを無事見届けられて良かったなと思います!きっと人によってさまざまな感想がある気もしますが、個人的にはサプライズありのオシャレな展開を観られて満足しています。長く続く人気シリーズなだけに、皆が納得のいく最後を用意することは本当に大変だったと思いますが、最終章を見事に完成させたJ.J.エイブラムス監督他、スタッフ&キャストに拍手を送りたいです。

<総評>
他にも『キャプテン・マーベル』『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』なども好きで、個人的にはアクション大作系が特に印象に残った年となりました。来年も国内外問わず、作品の大小に限らず、上質な作品にたくさん出会えますように!

今年のイイ女セレクション ベスト5 byマイソン

第1位:シム・ウンギョン

映画『新聞記者』シム・ウンギョン
『新聞記者』

新聞記者』の演技が最高だったし、『ブルーアワーにぶっ飛ばす』では、癒し系の明るい女の子役が可愛かった!観る者を惹きつける演技で、彼女が登場するとついつい凝視してしまいます。今でこんなに実力を感じさせるのに、これからどんな女優さんになっていくのか、良い意味でゾクゾクします。

第2位:エヴァ・メランデル

映画『ボーダー 二つの世界』エヴァ・メランデル
『ボーダー 二つの世界』

ボーダー 二つの世界』は映画そのものが強烈でしたが、主人公がホンモノかと思うほどリアルで、映画鑑賞後に、“エヴァ・メランデル”と検索して、ご本人の顔を確かめちゃいました。顔はもちろん特殊メイクですが、仕草や動き、しゃべり方など、難しいであろうキャラクターをここまで完成させたのはスゴいです。

第3位:マーゴット・ロビー

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』マーゴット・ロビー
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』では、シャロン・テートを演じていて、当時のレトロなファッションがとても似合っていましたよね。ブラッド・ピット、レオナルド・ディカプリオにひけをとらない華やかさもさすが。『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』ではエリザベス女王を演じていましたが、華やかは華やかでも影のある威厳のある役で、新鮮でした。2020年は『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』『スキャンダル』とまだまだお楽しみが控えてますよ!

第4位:夏帆

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』夏帆
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』

最近、殻をガンガン破って、すごく勢いを感じます。『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の複雑な役柄も見事に演じていたし、2020年公開の『Red』でもさらに一皮むけた彼女が見られます。顔は愛らしいのに、人間の奥深くにあるものドロッとしたものを見せてくれるギャップで、何だかドキドキさせられます。一方で、『架空OL日記』(2020年公開)では、フツーのOLさんをすごくリアルに演じていて、引き出しの多さを感じます。

第5位:オリヴィア・クック

映画『サラブレッド』オリヴィア・クック
『サラブレッド』

サラブレッド』で演じた役はとてもユニークで、恐れたほうが良い人間なのか、信じたほうが良い人間なのかわからない感覚に、観ていてすごく引き込まれました。今年は『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』でも重要な役を担っていて、確実に頭角を現してきていますよね。今後が楽しみ!

<総評>
他にも気になる女優さんはたくさんいましたが、役のインパクトが強く残った方をチョイスしました。既に来年の作品で注目作が控えている方もいるので、来年も乞うご期待!

今年のイイ男セレクション ベスト5 byシャミ

第1位:中村倫也

映画『長いお別れ』中村倫也
『長いお別れ』

昨年から今年にかけて、活躍が目覚ましく、今年は『美人が婚活してみたら』『長いお別れ』『屍人荘の殺人』などの出演に加え、『アラジン』では日本語吹替版の声優を担当し、見事な歌唱力を披露していました!どんな役でも演じられるので、今後はどんな作品に挑戦していくのか楽しみです。

第2位:ヒメーシュ・パテル

映画『イエスタデイ』ヒメーシュ・パテル
『イエスタデイ』

ダニー・ボイル監督から『イエスタデイ』で主役に大抜擢され、その期待にしっかりと応えられた彼は本当に素晴らしいと思います。素朴で愛らしい雰囲気に加え、歌唱力も抜群で、映画を観ていてすごく引き込まれました。

第3位:成田凌

映画『カツベン!』成田凌
『カツベン!』

モデル出身のルックスに恵まれているのはもちろんですが、俳優となると、普通の人の役を違和感なくできるのがすごい!!あんなにイケメンなのにどうやってオーラを消しているのかいつも不思議です。今年は『カツベン!』でついに初主演を飾り、来年も勢いそのまま頑張って欲しいと思います。

第4位:タロン・エガートン

映画『ロケットマン』タロン・エガ-トン
『ロケットマン』

キングスマン』でグッと知名度が上がった頃が今では懐かしいですが、そこから勢いを止めずにどんどん素晴らしい俳優へと成長している印象です。今年は『ロケットマン』『フッド:ザ・ビギニング』などで活躍していて、今後もどんな役で驚かせてくれるのか期待しています。

第5位:アダム・ドライバー

映画『ブラック・クランズマン』アダム・ドライバー
『ブラック・クランズマン』

海外ドラマ『GIRLS/ガールズ』のキャラクターは今でも印象に残っていますが、そこから『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レン役に抜擢されるまでに至り、気が付けば人気俳優の仲間入りに!今年は『ブラック・クランズマン』でも印象的な役を演じていましたが、さまざまな役を経てどんどん演技にも磨きがかかっていて、どこか惹き付けられてしまう魅力があります。

<総評>
今年もすごく悩みましたが、2019年の活躍ぶりと自分の好みも交えて厳選しました。毎年魅力的な俳優さんがどんどん増えているので、来年はどんなイイ男が出てくるのか楽しみです!


今年もたくさんの素敵な映画に出会えて、本当に楽しかったです。“スター・ウォーズ”が遂に終わりなので寂しくなりますが、またこういう映画史上に名を残す作品が生まれてくれば良いなと思います。まだまだ他にも観て欲しい2019年作品があるので、冬休み最後の最後まで、2019年作品を堪能してください!

© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”
©2018MoozFilms
©Marvel Studios 2019
© 2018 NORDISK FILM PRODUCTION A/S
©Universal Pictures
©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会
© 2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
© 2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
© Meta_Spark & Kärnfilm_AB_2018
©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
©2019 Universal Studios. All Rights Reserved.
©2019『長いお別れ』製作委員会 ©中島京子/文藝春秋
©2019 「カツベン!」製作委員会
©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
©2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『悪の偶像』ソル・ギョング ソル・ギョング

1968年5月1日、韓国生まれ。舞台役者としてキャリアをスタートさせ、第37回韓国大鐘賞の主要5部門を独占したイ・チャンドン監督の社会派ドラマ『ペパーミント・キャンディー』(2000)で注目を集める。2004年…

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

映画『グッド・ワイフ』イルセ・サラス グッド・ワイフ

物語の舞台は1982年、メキシコシティの高級地区ラスロマス。ソフィアは、ここで暮らすセレブ妻達も羨むような生活を送っていましたが…

映画『ブリット=マリー幸せなひとりだち』インタビュー:ツヴァ・ノヴォトニー監督 『ブリット=マリー幸せなひとりだち』ツヴァ・ノヴォトニー監督インタビュー

結婚してから40年間、毎日完璧に家事をこなしてきた63歳の主婦が、突然家出!この63歳の女性の“冒険”を描いたベストセラーを映画化したツヴァ・ノヴォトニー監督に、メールインタビューをさせて頂きました。誰でもいつからだって人生をやり直せることを教えてくれる本作を撮った監督はどんな価値観をもっていらっしゃるのでしょうか。

映画『ドンテンタウン』佐藤玲/笠松将 ドンテンタウン

すごく身近な日常を描いていながら、いつの間にか観る者を“ドンテンタウン(曇天街)”に誘い込んでしまう、ファンタジックでどこかSF的な物語です。スランプに陥ったシンガーソングライターのソラが…

映画『グッド・ボーイズ』ジェイコブ・トレンブレイ/ブレイディ・ヌーン/キース・L・ウィリアムズ 心理学から観る映画16:グループ行動からみる心の成長

新型コロナウィルス感染症の影響で家庭学習がメインの日々が続いていたなか、最近ようやく通学が解禁となり、徐々に通常登校に戻している学校も出てきたようです。学校に行けないことが学業に影響することはもちろんですが、友達との接触もないわけで、そのことも子ども達の心理的発達に影響を及ぼします。そこで今回は、仲間関係の変化と成長について取り上げます。

映画『リトル・ジョー』エミリー・ビーチャム リトル・ジョー

エミリー・ビーチャムとベン・ウィショーの怪しげな白衣姿にも興味をそそられる本作は、あるバイオ企業で新種の植物開発に取り組む研究者のアリスが、持ち主に幸せをもたらす特殊な花の開発に成功するも…

映画『悪人伝』マ・ドンソク 悪人伝

ヤクザと刑事が手を組んで、無差別連続殺人犯を追い詰めるという奇想天外なお話ですが、本作は実際の事件に基づいて創作されたというから驚き。どこまでが実際の事件の部分で、どこからがフィクションなのかとても気になりますが…

Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』荒川良々 呪怨:呪いの家

映画の“呪怨”シリーズは、清水崇監督の邦画版と洋画版(サム・ライミ製作)の両方で何作も作られたので、もう慣れたつもりで最初は余裕をぶっこいて観てましたが…

映画『チア・アップ!』チャーリー・ターハン チャーリー・ターハン

1998年6月11日アメリカ、ニュージャージー州生まれ。2007年から子役としてキャリアをスタートさせ、8歳の時にウィル・スミス主演『アイ・アム・レジェンド』で長編映画デビューを飾る。2010年の映画『きみがくれた未来』では…

おすすめ記事

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

REVIEW

  1. 映画『グッド・ワイフ』イルセ・サラス
  2. 映画『ドンテンタウン』佐藤玲/笠松将
  3. 映画『リトル・ジョー』エミリー・ビーチャム
  4. 映画『悪人伝』マ・ドンソク
    悪人伝

  5. Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』荒川良々
  6. 映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト
  7. 映画『透明人間』エリザベス・モス
    透明人間

  8. 映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング〜』ローラ・ベンソン
  9. Netflixアニメシリーズ『日本沈没2020』
    日本沈没2020

  10. 映画『チア・アップ!』ダイアン・キートン

部活・イベント

  1. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  4. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  5. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
PAGE TOP