REVIEWデート向き映画判定

  1. 映画『旅のおわり世界のはじまり』前田敦子/加瀬亮/染谷将太/柄本時生

    旅のおわり世界のはじまり

    自分で何がやりたいのかわからなくなっている主人公が、現状にしっくりこず「私の居場所はここではない」と何となく感じていながらも、自分なりに努力している姿にまず共感。彼女が努力もせずに、現状を不服に思っているなら…

  2. 映画『ガラスの城の約束』ブリー・ラーソン

    ガラスの城の約束

    ジャネット・ウォールズの自叙伝「The Glass Castle」を映画化した本作は、ホームレスの両親に育てられた子どもの半生を描いています。 これはただ貧しいだけの家族の話ではなく…

  3. 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

    ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

    最初から最後まで息もつかせぬ緊張感と大迫力で、132分もあっという間です。『GODZILLA ゴジラ』から5年後の世界を舞台に、神話時代の怪獣、ゴジラ、キングギドラ、モスラ、ラドンらが…

  4. 映画『パージ:エクスペリメント』イラン・ノエル/レックス・スコット・デイヴィス

    パージ:エクスペリメント

    ヒットメーカー、マイケル・ベイとジェイソン・ブラムが製作を務める“パージ”シリーズは、これまで『パージ』『パージ:アナーキー』『パージ:大統領令』と3作が公開され、シリーズ累計興行収入500億円突破の超ヒットシリーズ…

  5. 映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ

    メモリーズ・オブ・サマー

    冒頭シーンからグッと引き込まれ、たったひと夏で大きく成長する少年の姿から目が離せません。母と穏やかに過ごすはずの夏休みの間に、あまりにいろいろなことが起きて…

  6. 映画『町田くんの世界』細田佳央太/関水渚

    町田くんの世界

  7. 映画『アラジン』メナ・マスード/ナオミ・スコット

    アラジン

  8. 映画『パドマーワト 女神の誕生』ディーピカー・パードゥコーン

    パドマーワト 女神の誕生

  9. 映画『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅 』ダヌーシュ

    クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅

  10. 映画『海獣の子供』

    海獣の子供

  11. 映画『アナと世界の終わり』エラ・ハント

    アナと世界の終わり

  12. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース

    バーフバリ2 王の凱旋

  13. 映画『バーフバリ 伝説誕生』プラバース

    バーフバリ 伝説誕生

  14. 映画『誰もがそれを知っている』ハビエル・バルデム/ペネロペ・クルス

    誰もがそれを知っている

  15. 映画『僕はイエス様が嫌い』佐藤結良

    僕はイエス様が嫌い

  16. 映画『長いお別れ』蒼井優/竹内結子/松原智恵子/山﨑努

    長いお別れ

  17. 映画『さよならくちびる』小松菜奈/門脇麦

    さよならくちびる

  18. 映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』レオナルド・シャイヒャー/トム・グラメンツ/ヨナス・ダスラ―/レナ・クレンク/イザイア・ミカルスキ

    僕たちは希望という名の列車に乗った

  19. 映画『バイオレンス・ボイジャー』

    バイオレンス・ボイジャー

  20. 映画『神と共に 第一章:罪と罰』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/チャ・テヒョン

    神と共に 第一章:罪と罰

  21. 映画『空母いぶき』西島秀俊/佐々木蔵之介

    空母いぶき

  22. 映画『ガルヴェストン』エル・ファニング

    ガルヴェストン

  23. 映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ/ルーカス・ヘッジズ

    ベン・イズ・バック

  24. 映画『居眠り磐音』松坂桃李

    居眠り磐音

  25. 映画『RBG 最強の85才』ルース・ベイダー・ギンズバーグ

    RBG 最強の85才

  26. 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』オレグ・イヴェンコ

    ホワイト・クロウ 伝説のダンサー

  27. 映画『コレット』キーラ・ナイトレイ

    コレット

  28. 映画『うちの執事が言うことには 』永瀬廉(King & Prince)/清原翔

    うちの執事が言うことには

  29. 映画『バグダッド・スキャンダル』テオ・ジェームズ/ベン・キングズレー

    バグダッド・スキャンダル

  30. 映画『チア男子!!』横浜流星/中尾暢樹

    チア男子!!

  31. 映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』倍賞千恵子/藤竜也

    初恋~お父さん、チビがいなくなりました

新着記事

映画『チャイルド・プレイ』 チャイルド・プレイ

“チャイルド・プレイ”シリーズ第1作目は1988年に公開されたとのことで、始まってからもう30年も経ったんですね。本作は大ヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の製作陣を迎え、新しい設定で…

映画『エクソシスト』 ワーナー・ブラザースが贈る新しいホラー体験【ワーナー ホラーエンターテイメント】が発足!

ワーナー・ブラザース映画が、ホラー作品をより多くの方に楽しんでもらいたいという思いから、このたび【ワーナー ホラーエンターテイメント】を立ち上げました! さらに公式Twitterアカウント<ワーナーホラー部>も始動。

映画『ニューヨーク 最高の訳あり物件』ハルク・ビルギナー ハルク・ビルギナー

1954年トルコ、イズミル生まれ。アンカラで自らの劇場を設立し、後にイスタンブールにも劇場を開く。トルコの国民的俳優で、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した…

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢

本作は、俳優としても活躍するジル・ルルーシュが監督と脚本(共同脚本:アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ)を務め、マチュー・アマルリック、ギョーム・カネといった、フランスの人気実力派俳優が出演しています。個人的に…

映画『今日も嫌がらせ弁当』佐藤寛太 佐藤寛太(さとう かんた)

1996年6月16日生まれ、福岡県出身。2015年に「劇団EXILE」に加入し、俳優活動を開始。大ヒット映画“HiGH&LOW”シリーズ(2016~17年)のテッツ役で人気を博す。その後…

映画『Diner ダイナー』藤原竜也 藤原竜也(ふじわら たつや)

1982年5月15日、埼玉県生まれ。1997年、15歳のときに蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」のオーディションでグランプリを獲得し…

映画『五億円のじんせい』望月歩 五億円のじんせい

親の願う人生を子どもが背負うとはどういうことかというテーマを、すごくわかりやすい喩えで描いています。親が子に何かを願うのは…

おすすめ記事

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  2. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP