REVIEWデート向き映画判定

  1. 映画『凪待ち』香取慎吾

    凪待ち

    ある殺人事件が起こりますが、犯人捜しをするのがメインのお話ではありません。ギャンブルに溺れ、恋人に甘えて暮らしていた男が、心を入れ替えられるか否かを追うストーリーが軸になっていて…

  2. 映画『ハッピー・デス・デイ』ジェシカ・ロース

    ハッピー・デス・デイ

    期待を相当上回る内容の濃い作品。ただのホラー映画ではなく、意外に深いテーマを扱っていて、ユーモアのセンスも抜群。主人公ツリーが最初はビッチ…

  3. 映画『COLD WAR あの歌、2つの心』ヨアンナ・クーリク/トマシュ・コット

    COLD WAR あの歌、2つの心

    くっついたり離れたりしながら、他の誰かと付き合っている時も、お互いが自分の一部になっていて、会っていなくてもずっと繋がっていて、魂で繋がる、運命で繋がる2人ってこういうことだと…

  4. 映画『ジョナサン -ふたつの顔の男-』アンセル・エルゴート

    ジョナサン -ふたつの顔の男-

    タイトルから何となくどんな話かは想像できるかも知れませんが、観てみると少し変わった設定です…

  5. 映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』ステファノ・アコルシ/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ステファニア・サンドレッリ/イヴァノ・マレスコッティ/クラウディア・ジェリーニ/ヴァレリア・ソラリーノ/サンドラ・ミーロ

    家族にサルーテ!イスキア島は大騒動

    本作は、結婚50周年の金婚式を迎えた老夫妻を祝うために、親戚一同19名がイタリアの美しいイスキア島に集まったがために起こる騒動を描いています。イタリアのお国柄…

  6. 映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク

    神と共に 第二章:因と縁

  7. 映画『きみと、波にのれたら』

    きみと、波にのれたら

  8. 新聞記者

  9. クリス・ヘムズワース/テッサ・トンプソン

    メン・イン・ブラック:インターナショナル

  10. 映画『ザ・ファブル』岡田准一/木村文乃/山本美月

    ザ・ファブル

  11. 映画『パピヨン』チャーリー・ハナム/ラミ・マレック

    パピヨン

  12. 映画『ある町の高い煙突』井手麻渡/渡辺大

    ある町の高い煙突

  13. 映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン

    ハウス・ジャック・ビルト

  14. 映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』ソフィー・ターナー/ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/ジェシカ・チャステイン/ニコラス・ホルト/エヴァン・ピーターズ/コディ・スミット=マクフィー/アレクサンドラ・シップ/タイ・シェリダン

    X-MEN:ダーク・フェニックス

  15. 映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』二宮慶多/水野哲志/奥村門土/中島セナ

    ウィーアーリトルゾンビーズ

  16. 映画『泣くな赤鬼』堤真一/柳楽優弥

    泣くな赤鬼

  17. 映画『旅のおわり世界のはじまり』前田敦子/加瀬亮/染谷将太/柄本時生

    旅のおわり世界のはじまり

  18. 映画『ガラスの城の約束』ブリー・ラーソン

    ガラスの城の約束

  19. 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

    ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

  20. 映画『パージ:エクスペリメント』イラン・ノエル/レックス・スコット・デイヴィス

    パージ:エクスペリメント

  21. 映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ

    メモリーズ・オブ・サマー

  22. 映画『町田くんの世界』細田佳央太/関水渚

    町田くんの世界

  23. 映画『アラジン』メナ・マスード/ナオミ・スコット

    アラジン

  24. 映画『パドマーワト 女神の誕生』ディーピカー・パードゥコーン

    パドマーワト 女神の誕生

  25. 映画『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅 』ダヌーシュ

    クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅

  26. 映画『海獣の子供』

    海獣の子供

  27. 映画『アナと世界の終わり』エラ・ハント

    アナと世界の終わり

  28. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース

    バーフバリ2 王の凱旋

  29. 映画『バーフバリ 伝説誕生』プラバース

    バーフバリ 伝説誕生

  30. 映画『誰もがそれを知っている』ハビエル・バルデム/ペネロペ・クルス

    誰もがそれを知っている

  31. 映画『僕はイエス様が嫌い』佐藤結良

    僕はイエス様が嫌い

新着記事

映画『見えない目撃者』國村隼 國村隼(くにむら じゅん)

1955年大阪府生まれ。圧倒的な存在感と確かな演技力で国内だけにとどまらず、『ブラック・レイン』『ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌』『キル・ビル』『KOKORO』『マンハント』など多くの海外作品にも出演。2017年に…

映画『ジェミニマン』公開記念来日トークセッション:ウィル・スミス、アン・リー監督、ジェリー・ブラッカイマー(製作)/バイリンガールちか(YouTubeクリエイター代表ゲスト) 「自分が本当に好きなもの、愛するものを表現しろ」ウィル・スミス、アン・リー監督、ブラッカイマーが熱弁『ジェミニマン』来日

3DHFR(ハイ・フレーム・レート)を使い、驚異の映像を実現した本作の公開を間近に控え、主演のウィル・スミスと、アン・リー監督、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが来日しました。今回のイベントにはYouTubeクリエイターが参加し、クリエイター目線の質問を中心に濃厚なお話が聞けました。

映画『アイネクライネナハトムジーク』原田泰造 原田泰造(はらだ たいぞう)

1970年3月24日、東京都生まれ。1993年お笑いトリオ“ネプチューン”を結成。人気芸人として活動する一方で、演技の評価も高く2000年にドラマ『編集王』で単独初主演を飾る。近年の代表作に…

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン エマ・ストーン、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグら豪華キャストが集結!『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア

11月22日に日本公開となる映画『ゾンビランド:ダブルタップ』。先日、本作のワールドプレミアがLAで開催され、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン、ルーベン・フライシャー監督が登場しました。前作から10年ぶりの続編となる本作について熱く語りました!

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』ヘンリー・ラウ ヘンリー・ラウ

1989年カナダ、トロント生まれ。ボストンのバークリー音楽大学卒業。音楽、映画、ダンスを始めとする複数の分野で活躍するアーティストで…

映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』高杉真宙 超・少年探偵団NEO −Beginning−

タイトルに“Beginning”とあるように、少年探偵団が結成されるまでを描いているので、チームでの探偵活動というよりは…

映画『アイネクライネナハトムジーク』萩原利久 萩原利久(はぎわら りく)

1999年2月28日、埼玉県生まれ。9歳でデビューし、その後数々のドラマや映画作品に出演しキャリアを重ねる。2016年には『ちはやふる 上の句/下の句』『金メダル男』『オケ老人!』と…

おすすめ記事

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『Diner ダイナー』藤原竜也 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 演技力部門編>

今回は30代俳優の演技力部門のランキングを発表します!俳優として最も重要な要素と言っても過言ではない演技力。TOP20には一体どの俳優がランクインしたのでしょうか!?

映画『ハード・コア』山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、30代俳優の個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表します!1位はもちろん、上位を争ったのはどの俳優達なのでしょうか?

映画『伊藤くん A to E』完成披露舞台挨拶、岡田将生 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 ルックス・セクシー部門編>

前回発表した国内20代俳優に続き、今回から国内30代俳優についてのランキングを発表!編集部スタッフ…

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP