REVIEWデート向き映画判定

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』チョン・ユミ

    82年生まれ、キム・ジヨン

    始まってすぐに産後うつの話なのかなと思いましたが、それだけではなく…

  2. 映画『望み』堤真一/石田ゆり子/岡田健史/清原果耶

    望み

    『望み』というタイトルの意味は何なのかと思っていたら…

  3. 映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』ジミー・フェイルズ/ジョナサン・メジャース

    ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ

    映画制作スタジオA24とプランBが、アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』以来タッグを組んで製作された本作。舞台はサンフランシスコで…

  4. 映画『オン・ザ・ロック』ビル・マーレイ/ラシダ・ジョーンズ

    オン・ザ・ロック

    今回のソフィア・コッポラ監督作も、期待通りに…

  5. 映画『浅田家!』二宮和也

    浅田家!

    本作は、写真家の浅田政志氏による写真集「浅田家」と「アルバムのチカラ」を原案に…

  6. Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド

    悪魔はいつもそこに

  7. 映画『トロールズ ミュージック★パワー』

    トロールズ ミュージック★パワー

  8. 映画『クライマーズ』ウー・ジン/チャン・ツィイー

    クライマーズ

  9. 映画『アダムス・ファミリー』(アニメーション版)

    アダムス・ファミリー

  10. Netflix映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』デルロイ・リンドー

    ザ・ファイブ・ブラッズ

  11. 映画『エマ、愛の罠』マリアーナ・ディ・ジローラモ/ガエル・ガルシア・ベルナル

    エマ、愛の罠

  12. 映画『マティアス&マキシム』ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス/グザヴィエ・ドラン

    マティアス&マキシム

  13. 映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ

    マーティン・エデン

  14. 映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』ダニエル・ラドクリフ/ダニエル・ウェバー

    プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵

  15. 映画『Daughters』三吉彩花/阿部純子

    Daughters

  16. 映画『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』イ・ヨンエ

    ブリング・ミー・ホーム 尋ね人

  17. 映画『友達やめた。』今村彩子/まあちゃん

    友達やめた。

  18. 映画『TENET テネット』ジョン・デイビッド・ワシントン/ロバート・パティンソン

    TENET テネット

  19. Netflix映画『オールド・ガード』シャーリーズ・セロン

    オールド・ガード

  20. 映画『東京バタフライ』白波多カミン/水石亜飛夢/小林竜樹/黒住尚生

    東京バタフライ

  21. 映画『スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』ヴァンサン・カッセル/レダ・カテブ

    スペシャルズ!~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~

  22. 映画『チィファの⼿紙』ジョウ・シュン

    チィファの手紙

  23. 映画『ミッドウェイ』ウディ・ハレルソン/豊川悦司

    ミッドウェイ

  24. 映画『喜劇 愛妻物語』濱田岳/水川あさみ/新津ちせ

    喜劇 愛妻物語

  25. 映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』清原果耶

    宇宙でいちばんあかるい屋根

  26. 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大倉忠義/成田凌

    窮鼠はチーズの夢を見る

  27. 映画『リスタートはただいまのあとで』古川雄輝/竜星涼

    リスタートはただいまのあとで

  28. 映画『行き止まりの世界に生まれて』キアー・ジョンソン

    行き止まりの世界に生まれて

  29. 映画『ようこそ映画音響の世界へ』ウォルター・マーチ

    ようこそ映画音響の世界へ

  30. 映画『事故物件 恐い間取り』亀梨和也/奈緒/瀬戸康史

    事故物件 恐い間取り

  31. 映画『ソワレ』村上虹郎/芋生悠

    ソワレ

新着記事

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

映画『日本独立』小林薫 小林薫(こばやし かおる)

1951年9月4日、京都府生まれ。1971年から80年までの間、唐十郎主催の状況劇場に…

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ キル・チーム

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化…

映画『青い、森』田中偉登 田中偉登(たなか たけと)

2000年1月24日生まれ、大阪府出身。2012年に『宇宙兄弟』で映画デビュー。以降…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン KCIA 南山の部長たち

1979年10月26日、韓国のパク・チョンヒ(朴正煕)大統領は、自らの側近だった中央情報部(通称:KCIA)の部長キム・ジェギュ(金載圭)に殺害…

映画『青い、森』門下秀太郎 門下秀太郎(かどした しゅうたろう)

1998年9月11日、長崎県生まれ。2016年、第3回SonyMusic×smart オーディションで…

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
PAGE TOP