REVIEW

  1. 映画『ある町の高い煙突』井手麻渡/渡辺大

    ある町の高い煙突

    本作は、JXTGグループ、日立製作所、日産自動車など春光グループの源流である日立鉱山(現・JX金属)におけるCSRの原点となった物語を映画化。国の発展のために、国民が犠牲になるという皮肉な現実は…

  2. 映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン

    ハウス・ジャック・ビルト

    初っぱなから登場するユマ・サーマンが演じる女性キャラクターがあまりに強烈で、マット・ディロンが演じる主人公のイライラを観ているこちらもリアルに体感できます。なので、一瞬主人公の気持ちを理解できた気になるのですが、その後…

  3. 映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』ソフィー・ターナー/ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/ジェシカ・チャステイン/ニコラス・ホルト/エヴァン・ピーターズ/コディ・スミット=マクフィー/アレクサンドラ・シップ/タイ・シェリダン

    X-MEN:ダーク・フェニックス

    この新シリーズから観ている人にとっては、衝撃の展開が待ち受けていると言えるだろうし、旧シリーズを知っている人は…

  4. 映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』二宮慶多/水野哲志/奥村門土/中島セナ

    ウィーアーリトルゾンビーズ

    タイトルにゾンビとついてますが、ゾンビ映画ではありません。両親を失い、たまたま同じ時に葬儀場にいた4人の13歳の少年少女、ヒカリ、イシ、タケムラ、イクコが、失った心を取り戻していく心理的アドベンチャーです。普通なら…

  5. 海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所 シーズン6』ニコール・ダ・シルバ/リア・パーセル/ケイト・アトキンソン/シグリッド・ソーントン/セリア・アイルランド/カトリーナ・ミローズビック/ ロビー・マガシヴァ

    ウェントワース女子刑務所

    今シーズンも事件がいっぱいで、おもしろさは衰えず。シーズン1まで振り返ると、キャラクターもだいぶ入れ替わりましたが、これ以上強烈なキャラクターは出てこないだろうというこちらの予想を裏切り…

  6. 映画『泣くな赤鬼』堤真一/柳楽優弥

    泣くな赤鬼

  7. 映画『旅のおわり世界のはじまり』前田敦子/加瀬亮/染谷将太/柄本時生

    旅のおわり世界のはじまり

  8. 映画『ガラスの城の約束』ブリー・ラーソン

    ガラスの城の約束

  9. 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

    ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

  10. 海外ドラマ『グッド・ドクター 名医の条件 シーズン1』フレディ・ハイモア

    グッド・ドクター 名医の条件

  11. 映画『パージ:エクスペリメント』イラン・ノエル/レックス・スコット・デイヴィス

    パージ:エクスペリメント

  12. 映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ

    メモリーズ・オブ・サマー

  13. 映画『町田くんの世界』細田佳央太/関水渚

    町田くんの世界

  14. 映画『アラジン』メナ・マスード/ナオミ・スコット

    アラジン

  15. 映画『パドマーワト 女神の誕生』ディーピカー・パードゥコーン

    パドマーワト 女神の誕生

  16. 映画『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅 』ダヌーシュ

    クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅

  17. 映画『海獣の子供』

    海獣の子供

  18. 映画『アナと世界の終わり』エラ・ハント

    アナと世界の終わり

  19. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース

    バーフバリ2 王の凱旋

  20. 映画『バーフバリ 伝説誕生』プラバース

    バーフバリ 伝説誕生

  21. 映画『誰もがそれを知っている』ハビエル・バルデム/ペネロペ・クルス

    誰もがそれを知っている

  22. 映画『僕はイエス様が嫌い』佐藤結良

    僕はイエス様が嫌い

  23. 映画『長いお別れ』蒼井優/竹内結子/松原智恵子/山﨑努

    長いお別れ

  24. 映画『さよならくちびる』小松菜奈/門脇麦

    さよならくちびる

  25. 映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』レオナルド・シャイヒャー/トム・グラメンツ/ヨナス・ダスラ―/レナ・クレンク/イザイア・ミカルスキ

    僕たちは希望という名の列車に乗った

  26. 映画『バイオレンス・ボイジャー』

    バイオレンス・ボイジャー

  27. 映画『神と共に 第一章:罪と罰』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/チャ・テヒョン

    神と共に 第一章:罪と罰

  28. 映画『空母いぶき』西島秀俊/佐々木蔵之介

    空母いぶき

  29. 映画『ガルヴェストン』エル・ファニング

    ガルヴェストン

  30. 映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ/ルーカス・ヘッジズ

    ベン・イズ・バック

  31. 映画『居眠り磐音』松坂桃李

    居眠り磐音

新着記事

映画『アド・アストラ』ブラッド・ピット 『アド・アストラ』5組10名様 ゲスト登壇ジャパンプレミアイベント 特別試写会ご招待

映画『アド・アストラ』5組10名様 ゲスト登壇ジャパンプレミアイベント 特別試写会ご招待

映画『ロケットマン』タロン・エガ-トン タロン・エガートン(タロン・エジャトン)

1989年11月10日イギリス、バーケンヘッド生まれ。2012年にRADA(英国王立演劇学校)を卒業し、ITVの『オックスフォードミステリー ルイス警部』で役者デビュー。ロイヤル・コートとナショナル・シアターで上演された…

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』 『エセルとアーネスト ふたりの物語』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『ガーンジー島の読書会の秘密』リリー・ジェームズ ガーンジー島の読書会の秘密

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』『スリー・ビルボード』を手掛けたプロデューサー達による作品ということでクオリティは心配ご無用。リリー・ジェームズ、ミキール・ハースマンを始めとする名優達が…

映画『存在のない子供たち』ゼイン・アル=ラフィーア 存在のない子供たち

両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日も知らず、法的には社会に存在すらしていない少年ゼイン。彼は両親とたくさんの妹、弟と中東の貧民窟で暮らしていて、学校には通わず…

映画『葬式の名人』高良健吾 高良健吾(こうら けんご)

1987年11月12日、熊本県生まれ。2005年『ごくせん』で俳優デビューし、2006年に『ハリヨの夏』で映画初出演。2008年『蛇とピアス』で全身タトゥーと顔に15個のピアスを付けた青年役を演じた。その後…

映画『MEG ザ・モンスター』クリフ・カーティス クリフ・カーティス

1968年、ニュージーランド生まれ。マオリ族の血を引いている。ニュージーランドのドラマスクールで学んだ後、スイスへ渡り勉強を続ける。帰国後…

おすすめ記事

映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督 久々の里帰りで会ったお父さんに異変!家族として受け入れられる?『おいしい家族』部活リポート

2019年7月31日、『おいしい家族』の完成披露試写会が行われ、トーキョー女子映画部の正式部員皆で参加させて頂きました。当日は、主演の松本穂香さん、ふくだももこ監督が登壇…

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP