REVIEWデート向き映画判定

  1. トーキョー女子映画部ロゴ

    バックナンバーや一覧はこちら

    まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

  2. 映画『キャプテン・マーベル』ブリー・ラーソン

    キャプテン・マーベル

    まず、マーベルのロゴが出てくるオープニングは、故スタン・リーに捧げる内容になっていて、ウルッときます…

  3. 映画『ホテル・エルロワイヤル』クリス・ヘムズワース/ダコタ・ジョンソン

    ホテル・エルロワイヤル

    本作で大事なのは、宿泊客もホテルマンも皆怪しいというところ。皆それぞれにワケありなのですが…

  4. 映画『コンジアム』イ・スンウク/パク・ジヒョン/パク・ソンフン/オ・アヨン/ムン・イェウォン

    コンジアム

    YouTubeの恐怖動画を配信する人気チャンネルで稼ごうと目論む若者達が、意気揚々と廃墟に出かけ、生リポートをするという設定なので、この後何が起きるのかはみえみえではありますが、わかっちゃいながら…

  5. 映画『PRINCE OF LEGEND』片寄涼太/飯島寛騎/塩野瑛久/鈴木伸之/川村壱馬/佐野玲於/関口メンディー/吉野北人/藤原樹/長谷川慎/町田啓太/清原翔/遠藤史也/こだまたいち

    PRINCE OF LEGEND

    冒頭から、「何コレ?おもしろすぎるんですけど〜〜〜〜(笑)!」ってなる、良い意味で強烈な作品。“HiGH&LOW”のプリンス版といった感じで…

  6. 映画『歯まん』馬場野々香

    歯まん

  7. 映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ/GACKT

    2019年2〜3月前半から劇場公開中映画一覧

  8. トーキョー女子映画部ロゴ

    デート向き映画判定について

  9. トーキョー女子映画部ロゴ

    映画デートに行く前のチェックポイント

新着記事

映画『しあわせのマスカット』福本莉子 しあわせのマスカット

マスカット・オブ・アレキサンドリアという品種を本作で初めて知りましたが…

映画『21ブリッジ』テイラー・キッチュ テイラー・キッチュ

1981年4月8日カナダ、ブリティッシュ・コロンビア生まれ。バンクーバーで育ち、2002年に演技の勉強のため…

映画『地獄の花園』永野芽郁/広瀬アリス/菜々緒/川栄李奈/大島美幸/勝村政信/松尾諭/丸山智己/遠藤憲一/小池栄子 地獄の花園

OL版“クローズ”といった設定で、現実ではあり得ない世界観でありつつ…

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン ロリー・カルキン

1989年7月21日生まれ。アメリカ、ニューヨーク州出身。俳優一家に生まれ…

映画『しあわせのマスカット』福本莉子さんインタビュー 『しあわせのマスカット』福本莉子さんインタビュー

映画『しあわせのマスカット』で、主演を務めた福本莉子さんにインタビューをさせていただきました。いろいろなお話に、福本さんの研究熱心な一面と強いチャレンジ精神がうかがえました。

映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン ファーザー

認知症を患う父と娘の物語ではありますが、ただ日々の様子を描いているに留まらない…

映画『ドリームランド』マーゴット・ロビー マーゴット・ロビー

1990年7月2日オーストラリア、クイーンズランド州出身。2000年代後半に母国で女優としての本格…

おすすめ記事

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
PAGE TOP