REVIEWデート向き映画判定

  1. 映画『透明人間』エリザベス・モス

    透明人間

    この物語には2種類の怖さがあり、1つは透明人間にまでなって主人公セシリアを追ってくるエイドリアンという男の…

  2. 映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング〜』ローラ・ベンソン

    タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング〜

    ルーマニア出身の女性監督アディナ・ピンティリエが手掛けた初めての長編映画となる本作が、世界三大映画祭の1つとされるベルリン国際映画祭2018で金熊賞(最高賞)と最優秀新人作品賞をW受賞し…

  3. 映画『チア・アップ!』ダイアン・キートン

    チア・アップ!

    公式資料によると、ザラ・ヘイズ監督は、子どもの頃からチアリーディングに魅力を感じていて、人生の後半になってからチアリーディング・チームを結成した女性達の写真に本作の着想を得たそうです。そんな本作の主人公は…

  4. 映画『アングスト/不安』アーウィン・レダー

    アングスト/不安

    本作は、1983年に本国オーストリアで公開され、1週間で上映打ち切りとなった問題作で、実在する連続殺人鬼ヴェルナ―・クニーセクによって起こされたオーストリアでの一家惨殺事件を基にしています。ヴェルナ―・クニーセクは…

  5. 映画『MOTHER マザー』長澤まさみ/奥平大兼

    MOTHER マザー

    本作は、2014年に埼玉県川口市で起きた実際の事件を取材した山村香著のノンフィクション「誰もボクを見ていない:なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか」(ポプラ文庫)を原案にしたフィクションとして描かれています…

  6. 映画『ワイルド・ローズ』ジェシー・バックリー

    ワイルド・ローズ

  7. 映画『ソニック・ザ・ムービー』

    ソニック・ザ・ムービー

  8. 映画『ランボー ラスト・ブラッド』シルベスター・スタローン

    ランボー ラスト・ブラッド

  9. 映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ヴィヴェイク・カルラ/ディーン=チャールズ・チャップマン

    カセットテープ・ダイアリーズ

  10. 映画『悪の偶像』ハン・ソッキュ

    悪の偶像

  11. 映画『ペイン・アンド・グローリー』アントニオ・バンデラス/ノラ・ナバス

    ペイン・アンド・グローリー

  12. 映画『今宵、212号室で』キアラ・マストロヤンニ/ヴァンサン・ラコスト

    今宵、212号室で

  13. 映画『はちどり』パク・ジフ

    はちどり

  14. Netflixアニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』

    泣きたい私は猫をかぶる

  15. 映画『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』

    ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷

  16. 映画『グッド・ボーイズ』ジェイコブ・トレンブレイ/ブレイディ・ヌーン/キース・L・ウィリアムズ

    グッド・ボーイズ

  17. 映画『ドクター・ドリトル』ロバート・ダウニーJr.

    ドクター・ドリトル

  18. 映画『コリーニ事件』エリアス・ムバレク/アレクサンドラ・マリア・ララ

    コリーニ事件

  19. 映画『その手に触れるまで』イディル・ベン・アディ

    その手に触れるまで

  20. Netflix映画『ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム』エドガー・ラミレス

    ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム

  21. 映画『SKIN/スキン』ジェイミー・ベル

    SKIN/スキン

  22. 映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル

    WAVES/ウェイブス

  23. 映画『ルース・エドガー』ナオミ・ワッツ/オクタヴィア・スペンサー/ケルヴィン・ハリソン・Jr.

    ルース・エドガー

  24. 映画『罪と女王』トリーヌ・ディルホム/グスタフ・リン

    罪と女王

  25. 映画『未成年』キム・ヘジュン/パク・セジン

    未成年

  26. 映画『アンティークの祝祭』カトリーヌ・ドヌーヴ

    アンティークの祝祭

  27. 映画『デッド・ドント・ダイ』ビル・マーレイ/アダム・ドライバー/クロエ・セヴィニー

    デッド・ドント・ダイ

  28. 映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ

    エジソンズ・ゲーム

  29. 映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン

    ポップスター

  30. 映画『お名前はアドルフ?』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/クリストフ=マリア・ヘルプスト/ユストゥス・フォン・ドホナーニ/カロリーネ・ペータース

    お名前はアドルフ?

  31. 映画『15年後のラブソング』ローズ・バーン/イーサン・ホーク/クリス・オダウド

    15年後のラブソング

新着記事

映画『5月の花嫁学校』ジュリエット・ビノシュ/ノエミ・ルヴォウスキー 5月の花嫁学校

第2次世界大戦後の理想の良妻賢母を育成する家政学校を舞台にした物語。フランスを代表する名優ジュリエット・ビノシュが…

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』クリストファー・ウォーケン クリストファー・ウォーケン

1943年3月31日、アメリカ生まれ。1978年『ディア・ハンター』で…

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ザ・スイッチ』ヴィンス・ヴォーン ヴィンス・ヴォーン

1970年3月28日アメリカ、ミネソタ州生まれ。1996年、カルトの傑作と称えられた『スウィンガーズ』に出演で…

映画『茜色に焼かれる』尾野真千子 茜色に焼かれる

本作は、7年前に理不尽な交通事故により夫を亡くした母と息子の物語。144分と長めの作品ではありますが…

映画『騙し絵の牙』松岡茉優 松岡茉優(まつおか まゆ)

1995年2月16日生まれ。東京都出身。2008年、『おはスタ』で“おはガール”として…

映画『いのちの停車場』吉永小百合/松坂桃李/広瀬すず/西田敏行 いのちの停車場

医師の仕事は、患者の病気や怪我を治すことというイメージはどうしてもありますが…

おすすめ記事

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
PAGE TOP