REVIEW

  1. 映画『美人が婚活してみたら』黒川芽以/中村倫也

    美人が婚活してみたら

    痛快ラブコメみたいなストーリーを想像していましたが、意外にしっとりしたお話で新鮮でした。ふと「死にたい」と思った、32歳で美人の主人公タカコが…

  2. 映画『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』ウディ・ハレルソン/ジェームズ・マースデン

    記者たち~衝撃と畏怖の真実~

    真実を追い求める記者達の良い面と悪い面の両方が描かれていますが、実話を基にしているということもあって、いろいろと衝撃的です。いかに私達が…

  3. 映画『バンブルビー』ヘイリー・スタインフェルド

    バンブルビー

    “トランスフォーマー”シリーズで登場した時から、バンブルビーの愛らしさは充分に描かれてきましたが、本作ではより彼のキュートさが際立っていて、キュンキュンしました。バンブルビーが声を出せなくなった…

  4. 映画『ブラック・クランズマン』ジョン・デヴィッド・ワシントン/アダム・ドライバー

    ブラック・クランズマン

    過激な白人至上主義団体KKK<クー・クラックス・クラン>に潜入した黒人刑事の実話を映画化。「黒人がどうやってKKKに潜入?」って誰もが不思議に思いますよね。どういうカラクリなのかは…

  5. 映画『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティ・ジョーンズ/アーミー・ハマー

    ビリーブ 未来への大逆転

    核家族で、子育てをしながら名門ハーバード法科大学院に通い、同時に夫の看病をするだけでなく、同じ大学院に通う夫の分も代わりに授業を受けて、夫が回復したら夫の就職先に合わせて引っ越し。それに伴い…

  6. トーキョー女子映画部ロゴ

    バックナンバーや一覧はこちら

  7. 映画『キャプテン・マーベル』ブリー・ラーソン

    キャプテン・マーベル

  8. 映画『ホテル・エルロワイヤル』クリス・ヘムズワース/ダコタ・ジョンソン

    ホテル・エルロワイヤル

  9. 映画『コンジアム』イ・スンウク/パク・ジヒョン/パク・ソンフン/オ・アヨン/ムン・イェウォン

    コンジアム

  10. 映画『PRINCE OF LEGEND』片寄涼太/飯島寛騎/塩野瑛久/鈴木伸之/川村壱馬/佐野玲於/関口メンディー/吉野北人/藤原樹/長谷川慎/町田啓太/清原翔/遠藤史也/こだまたいち

    PRINCE OF LEGEND

  11. 映画『歯まん』馬場野々香

    歯まん

  12. 映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ/GACKT

    2019年2〜3月前半から劇場公開中映画一覧

  13. トーキョー親子映画部(in トーキョー女子映画部)

    トーキョー親子映画部

  14. トーキョー女子映画部ロゴ

    デート向き映画判定について

  15. トーキョー女子映画部ロゴ

    映画デートに行く前のチェックポイント

新着記事

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ヨナス・ダスラー ヨナス・ダスラー

1996年3月22日ドイツ、レムシャイト出身。英語とフランス語も話せるマルチリンガル。学校の舞台で演技に目覚め、2014年にエルンスト・ブッシュ演劇大学に進学。2015年“WE ARE FINE(英題)”で長編映画デビュー。2017年…

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー ミッドサマー

『へレディタリー/継承』のアリ・アスターが監督、脚本を務めた作品ということで、「何かあるんだろう」というのは予想していましたが…

映画『チャーリーズ・エンジェル』パトリック・スチュワート パトリック・スチュワート

1940年7月13日イギリス、ヨークシャー州生まれ。1966年に名門ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに入団。長年にわたり主演俳優を歴任し…

映画『母との約束、250通の手紙』ピエール・ニネ ピエール・ニネ

1989年3月13日フランス、パリ生まれ。11歳で初舞台を踏み、21歳でパリの国立劇団コメディ・フランセーズの史上最年少の準座員となる。2011年、初主演映画“J’aime regarder les filles(原題)”…

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは? 映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?「繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品」も紹介。

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』千葉雄大/白石麻衣/成田凌/井浦新 スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼

シリーズ前作で事件を解決に導いた加賀谷刑事(千葉雄大)を主人公にした本作には、成田凌が演じる連続殺人鬼、浦野も登場…

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』マーティン・ローレンス マーティン・ローレンス

1965年4月16日生まれ。主な作品に“ビッグママ・ハウス”シリーズ、“バッドボーイズ”シリーズがある。

おすすめ記事

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは? 映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?「繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品」も紹介。

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー 女子100%共感!『スキャンダル』部活リポート

本作は、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”にまつわるスキャンダラスな実話を映画化したもので、テレビ界の帝王と呼ばれるFOXニュース・チャンネルのCEOによるハラスメント問題に対して、さまざまな立場の女性達がどう向き合うかを描いています。この度トーキョー女子映画部では本作の部活を実施。本作を観た皆さんが、女性目線でどのように感じたか、アンケート結果を発表します。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1 映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1:映画を観る前、どこまで情報を入れる?

以前とある映画監督にインタビューした際、「(本当は映画を観る前に情報を入れずに)何も知らないで観て欲しい」とおっしゃっていました。トーキョー女子映画部スタッフも観る前に情報を極力入れないで観たい派なのですが、そういえば皆さんどうなんだろうと気になりました。今回のアンケートでは、映画ファンの方のスタンスはどういったタイプがあるのか調査!さらに、「何も知らずに観たら数倍楽しめる!アッと驚く編集部オススメ作品」も紹介。

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル あの人は敵?味方?転職した凄腕ジェシカの処世術がスゴい『SUITS:ジェシカ・ピアソン』部活リポート

本作は、人気海外ドラマ『SUITS/スーツ』のメインキャラクターの1人、ジェシカ・ピアソンを主人公にしたスピンオフです。今回の部活では、本家『SUITS/スーツ』を観たことがある方、ない方の両方に…

映画『ジャスティス・リーグ』来日ジャパンプレミア、エズラ・ミラー イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 総合ランキング>

今回はついに海外20代俳優の総合ランキングを発表!各部門ランキングと比べ、どのように変化したのかも注目です!!

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP