ランキング

トーキョー女子映画部が選ぶ 2021年ベスト5

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『エターナルズ』ジェンマ・チャン/リチャード・マッデン

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2021年ベスト5】を発表!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。旧作はすべてブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

今年の映画 ベスト5 byマイソン

第1位:エターナルズ

映画『エターナルズ』ジェンマ・チャン/リチャード・マッデン/アンジェリーナ・ジョリー/サルマ・ハエック/マ・ドンソク/キット・ハリントン

MCUの作品力を改めて実感させられました。今年公開された『シャン・チー/テン・リングスの伝説』もすごくおもしろくて、映画を観て前のめりにワクワクしていた童心を思い出しました。また、クロエ・ジャオ監督の過去作を思い出してもその振り幅が半端ないなという驚きと、監督の演出力、表現力がこのただでさえクセの強いMCU作品でも光っている点で印象に残りました。いや〜もう大満足の映画です。

2022年1月12日デジタル配信(購入)開始/3月4日よりMovieNEX、4K UHD MovieNEX発売

第2位:ディア・エヴァン・ハンセン

映画『ディア・エヴァン・ハンセン』ベン・プラット

切なくて切なくて苦しくて、主人公や孤独に苦しむ若者達の姿が胸に刺さりました。それと同時に彼等が奮闘し成長する姿に勇気とパワーをもらい、とても心が温かくなりました。ミュージカル映画としても、メロディはもちろん、歌詞の一つひとつが心に響いて、キャストの歌唱力も高く、観て本当に良かったと思えた作品です。

好評公開中

映画『ディア・エヴァン・ハンセン』ベン・プラット

第3位:DUNE/デューン 砂の惑星

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ティモシー・シャラメ/レベッカ・ファーガソン

コロナ禍で超大作に飢えていたところに、やっと観られた超大作ということもあって、ストーリーのおもしろさはもちろん、壮大なスケール、映像美、音楽、豪華過ぎるキャストと、すべてが私の心を潤してくれました。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が作る世界観にも圧倒されて、すごく充実感がありました。

ダウンロード先行販売中、2022年2月2日デジタルレンタル配信開始/3月2日4K ULTRA HD、ブルーレイ&DVDレンタル・発売開始

第4位:花束みたいな恋をした

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純

この映画が好きとか良かったという感覚よりも、映画を観ながら、そこに描かれる恋愛について誰かと話したくてたまらなかったという意味でとても印象深い1作です。ラブラブ過ぎた2人の恋愛が現実に押し潰されていく様子を観ながら、いろいろな思いが巡りました(笑)。ぜひいつかこの作品で座談会をやりたいです。ひとまずポッドキャストで1人で話してますので良かったらお聞きください(笑)。

ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/U-NEXTにて配信中

第5位:プラットフォーム

映画『プラットフォーム』

現代社会をギュッと小さくしてこの世界に閉じ込めて表現したようなストーリーで、何から何まで巧いなと思いました。エンタテインメントとしておもしろいのはもちろん、社会問題をこういう形で訴える=皆にわかるように伝えるというその表現方法が素晴らしいと思います。

DVDレンタル・発売中/デジタル配信中

2021年は、コロナ禍で公開延期を繰り返していた作品が徐々に公開され、少しずつ活気が戻ってきて本当に嬉しかったです。特に超大作映画が公開延期になるなか、逆にミニシアター系などが奮闘していて、今年も素敵な映画にたくさん出会えました。BEST5には入れていませんが、特にドキュメンタリーの良作が多かった印象があります。もっともっと多くの方に知って欲しい作品がありますので、企画や特集等で情報発信していきたいと思います。by マイソン

今年の映画 ベスト5 byシャミ

第1位:ファーザー

映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス

鑑賞中は常に頭の中が「???」となるのですが、それこそが認知症の症状を表現していて衝撃でした。アンソニー・ホプキンスオリヴィア・コールマンをはじめとしたキャストの演技も素晴らしく、鑑賞後の「すごい映画を観てしまった」という感覚も忘れられません。

ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中

第2位:DUNE/デューン 砂の惑星

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ティモシー・シャラメ

新たな超大作シリーズの幕開けにワクワクして観ましたが、期待を裏切らない、むしろ上回るおもしろさでした!そして何よりティモシー・シャラメの良さが全面に引き出されているのも嬉しいポイント。2作目以降にも期待しています。

ダウンロード先行販売中、2022年2月2日デジタルレンタル配信開始/3月2日4K ULTRA HD、ブルーレイ&DVDレンタル・発売開始

第3位:ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日

映画『ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日』ダニア・デ・ヴィラーズ

単に人間と動物の触れ合いが描かれているだけでなく、南アフリカの社会問題に迫るテーマも盛り込まれていて、とても勉強になった1作です。CGなしで3年かけて撮影したというライオンとの触れ合いシーンにもこだわりを感じますし、とにかくリアルな映像に感心してしまいました。

デジタル配信中

第4位:悪なき殺人

映画『悪なき殺人』ダミアン・ボナール

主人公1人の視点で物語が展開するのではなく、5人のキャラクターの視点に合わせてチャプターが変わっていくという構成がとてもおしゃれ。サスペンスドラマとしても見応えがありますし、さらに人間の欲求が絡んでいく展開もとても秀逸です。

好評公開中

映画『悪なき殺人』ドゥニ・メノーシェ/ロール・カラミー/ダミアン・ボナール

第5位:クルエラ

映画『クルエラ』エマ・ストーン

エマ・ストーンが演じるクルエラがとにかくカッコ良い!有名ヴィランであるクルエラの背景に迫るストーリーで、後に続くであろう『101匹わんちゃん』の物語への因果関係も「なるほど!」と納得できる点が素晴らしい。クルエラのファッションやクール&パンクな世界観もツボでした。

MovieNEX発売中/デジタル配信中

上記以外にも『ブラック・ウィドウ』『息をするように』(短編)『人と仕事』(ドキュメンタリー)といったさまざまなジャンルのお気に入り作品があります。また、今年は多くの大作も公開され、映画界が少しずつ元気を取り戻していることをとても嬉しく思います。来年も大小問わず多くの良作が公開され、映画界がさらに盛り上がることを願っています!by シャミ

今年のイイ俳優セレクション ベスト5 byマイソン

第1位:レア・セドゥ

演技力、美貌、大胆さ、貫禄、ユーモア…どれをとっても脱帽です。ダニエル・クレイグ版“007”シリーズのボンドガールも素晴らしかったですが、2022年公開のウェス・アンダーソン監督最新作『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』でも彼女の魅力が詰まったシーンが満載なのでぜひ期待していてください。2022年もこの勢いは止まらないはず!

<今年の出演作>

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
好評公開中

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ダニエル・クレイグ/ナオミ・ハリス/レア・セドゥ/ベン・ウィショー/アナ・デ・アルマス/ラミ・マレック

第2位:ミリセント・シモンズ

ワンダーストラック』を観た時に、その佇まいと演技力の高さに一瞬で魅了されました。聴覚障がいを持つ俳優さんが活躍する作品が少しずつ増えてきたように感じますが、その道を切り拓いた1人と言っても過言ではないと思います。

<今年の出演作>

クワイエット・プレイス 破られた沈黙
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中

第3位:青木柚(あおき ゆず)

ジョニー・デップ主演の映画『MINAMATA—ミナマタ—』で彼を知り、同じ頃に『うみべの女の子』、さらに『スパゲティコード・ラブ』と割と近い時期に出演作を立て続けで観て、彼の七変化ぶりに驚かされました。まさに新星のごとく現れたという感じで、2022年以降の活躍がとても楽しみです。

<今年の出演作>

MINAMATA—ミナマタ—
2022年2月18日ブルーレイ&DVD発売開始、TSUTAYA先行レンタル開始

うみべの女の子
2022年3月2日ブルーレイ&DVD発売開始

スパゲティコード・ラブ
好評公開中

映画『スパゲティコード・ラブ』倉悠貴/三浦透子/清水尋也/八木莉可子/古畑新之/青木柚/xiangyu/香川沙耶/上大迫祐希/三谷麟太郎/佐藤睦/ゆりやんレトリィバァ/土村芳

第4位:シム・リウ

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の何がおもしろかったかというと、ストーリーはもちろんですが何と言っても本格アクションで、彼の身体能力なくしてはあれほどの出来にはなっていなかったのではと思います。スタントマンという経歴を知り、やっぱりホンモノは違うなと感じました。

<今年の出演作>

シャン・チー/テン・リングスの伝説
MovieNEX発売中/デジタル配信中

第5位:デヴィッド・ダストマルチャン

1度観たらすぐ覚えちゃうクセの強さ(笑)。キャラクター毎に印象は違えど、彼自身が持っている存在感は消えることがなく、脇役でも映える俳優さんだなと思います。チョイ役の作品ですら、見つけると嬉しくなっちゃうんですよね。

<今年の出演作>

ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中

DUNE/デューン 砂の惑星
ダウンロード先行販売中、2022年2月2日デジタルレンタル配信開始/3月2日4K ULTRA HD、ブルーレイ&DVDレンタル・発売開始

この5名に限らず、2021年も多くの俳優さん達の演技に魅了されました。「すごい人、見つけた!」という感覚を味わえるのも映画の醍醐味だと思いながらいつも映画を観ているので、来年もどんな作品でどんな名演を観られるのか楽しみです。by マイソン

今年のイイ俳優セレクション ベスト5 byシャミ

第1位:イ・ジョンジェ

これまでもさまざまな作品で活躍していましたが、今年はNetflixドラマ『イカゲーム』で世界的に有名になりましたね。12月24日公開の『ただ悪より救いたまえ』の悪役も素晴らしく、幅広い演技力を今年は見事に証明してくれたように思います。

<今年の出演作>

イカゲーム シーズン1
Netflixにて独占配信中

Netflixシリーズ『イカゲーム シーズン1』

ただ悪より救いたまえ
2021年12月24日より全国公開

映画『ただ悪より救いたまえ』ファン・ジョンミン/イ・ジョンジェ

第2位:レティシア・ドッシュ

こんな自然体のセクシーさを持つ女性になってみたいという憧れがあります。『シンプルな情熱』ではとても情熱的なキャラクターを演じていて、相手役のセルゲイ・ポルーニンとの化学反応も素晴らしかったです。また、オンラインでインタビューをさせていただいた際には、常に笑顔で応じてくださり、とてもチャーミングな方で惹かれました。

<今年の出演作>

シンプルな情熱
2022年1月7日よりDVD発売
インタビュー

第3位:芋生悠(いもう はるか)

親しみやすい雰囲気や柔らかい声のトーンが絶妙で、なぜかいつも目が離せなくなります。今年は『HOKUSAI』や『ひらいて』などに出演し、存在感を発揮していました。まだまだ伸びしろを感じるので、今後も引き続き注目したいと思います。

<今年の出演作>

『ある用務員』
デジタル配信中

HOKUSAI
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中

ひらいて
好評公開中

映画『ひらいて』山田杏奈/作間龍斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)/芋生悠

第4位:パク・ボゴム

『SEOBOK/ソボク』で演じたクローン役がとてもハマり役でした。少年のような可愛いさと大人っぽさが混在していて、とても惹きつけられました。まだ20代なので、今後年を重ねるに連れてどんな役を演じていくのかも気になります。

<今年の出演作>

SEOBOK/ソボク
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中

第5位:レベッカ・ファーガソン

<今年の出演作>

レミニセンス
2022年1月7日ブルーレイ&DVD発売/ダウンロード先行販売中

DUNE/デューン 砂の惑星
ダウンロード先行販売中、2022年2月2日デジタルレンタル配信開始/3月2日4K ULTRA HD、ブルーレイ&DVDレンタル・発売開始

どの俳優も素晴らしく、本当に甲乙付け難かったのですが、今年も個人的に印象に残った俳優を中心に選びました。皆さんならどの方を選びますか?来年への期待も込めて今年は敢えて選ばなかった方もいるので、来年も引き続きチェックしたいと思います。by シャミ


2021年はちょっとだけコロナ禍が落ち着いて、年末年始映画も盛り上がりを見せ、嬉しいですね。コロナ禍が長く続いており、映画館で映画を観る尊さを一層実感したと同時に、デジタル配信などで映画を観る機会が増えたことで素敵な映画との出会いも増えていれば嬉しいです。微力ではありますが、私達も引き続き映画を盛り上げていけるよう尽力します。2022年もよろしくお願いします!

© Marvel Studios 2021
© 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
© 2021『花束みたいな恋をした』製作委員会
©BASQUE FILMS, MR MIYAGI FILMS, PLATAFORMA LA PELICULA AIE
© NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINÉ-@ ORANGE STUDIO 2020
© 2018 Galatée Films – Outside Films – Film Afrika D – Pandora Film – Studiocanal – M6 Films
© 2019 Haut et Court ‒ Razor Films Produktion ‒ France 3 Cinema visa n150 076
© 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.
©2019 Paramount Pictures. All rights reserved.
©『スパゲティコード・ラブ』製作委員会
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics
©2019 L.FP. Les Films Pelléas – Auvergne – Rhône-Alpes Cinéma – Versus production
©綿矢りさ・新潮社/「ひらいて」製作委員会
©2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED

TEXT by Myson&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バズ・ライトイヤー』 バズ・ライトイヤー

“トイ・ストーリー”シリーズで、アンディ少年のお気に入りのおもちゃとして登場する“バズ・ライトイヤー”は、実は…

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督 是枝監督をはじめ皆の夢が1度に叶った『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン来日記念舞台挨拶

第75回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞(ソン・ガンホ)、エキュメニカル審査員賞を受賞した『ベイビー・ブローカー』のキャスト、スタッフが、劇場公開から3日目となる2022年6月26日に舞台挨拶を行いました。

映画『ONE PIECE FILM RED』試写会ビジュアル 『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』シガニー・ウィーバー シガニー・ウィーバー

1949年10月8日アメリカ、ニューヨーク州マンハッタン出身。父親はテレビ局の重役でプロデューサーの…

映画『バズ・ライトイヤー』ノート&ステッカー 『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『1640日の家族』メラニー・ティエリー/ガブリエル・パヴィ 『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ ブラック・フォン

公式サイトでは「恐怖が同時進行する」という表現を使っている点はまさにその通りで…

映画『死刑にいたる病』中山美穂 中山美穂(なかやま みほ)

1970年3月1日生まれ。1985年に俳優デビュー。同年歌手デビューも果たし…

映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの 神は見返りを求める

𠮷田恵輔監督作ということで、絶対心が掻き乱されるのだろうと思いながら観たら…

映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』リウ・ハオツン リウ・ハオツン

2000年5月生まれ。2022年『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』で俳優デビュー。本作には…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu 編集部にカモン!【記事作成部活】2022年7月度参加者募集

【記事作成部活】では、トーキョー女子映画部WEBサイト内の記事作成に参加できます!

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『バズ・ライトイヤー』
  2. 映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ
  3. 映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの
  4. 映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー
  5. 映画『ルッツ 海に生きる』ジェスマーク・シクルーナ
  6. 映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ
  7. 映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン
  8. 映画『炎の少女チャーリー』ライアン・キーラ・アームストロング
  9. 映画『ザ・ロストシティ』サンドラ・ブロック/チャニング・テイタム
  10. 映画『PLAN 75』倍賞千恵子
    PLAN 75

PAGE TOP