REVIEWデート向き映画判定

  1. 映画『そして、バトンは渡された』永野芽郁/田中圭/石原さとみ

    そして、バトンは渡された

    序盤はキャラクター同士の関係性や背景が伏せられているので、どえらい経験をした女の子のお話という感じに…

  2. 映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』ジョディ・フォスター/タハール・ラヒム

    モーリタニアン 黒塗りの記録

    2001年、“9.11(アメリカ同時多発テロ)”が起きた際に、テロを起こしたメンバーだと疑われアメリカ政府に拘束されたモハメドゥ・ウルド・スラヒ…

  3. 映画『アレックス STRAIGHT CUT』モニカ・ベルッチ

    アレックス STRAIGHT CUT

    オリジナルの公開当時1人で映画館で観て、強烈な内容だったので今まで忘れることは…

  4. 映画『CUBE 一度入ったら、最後』

    CUBE 一度入ったら、最後

    この映画を日本で作るとはちょっと意外に感じましたが、一方でオリジナルがすごくおもしろくて個性的なので、もっと早く…

  5. 映画『ビルド・ア・ガール』ビーニー・フェルドスタイン

    ビルド・ア・ガール

    本作は、原作者であり本作の脚本も担当しているキャトリン・モランの半自伝的小説“How To Build A Girl”を映画化したものです。キャトリン・モラン自身、15歳で…

  6. 映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』グレタ・トゥーンベリ

    グレタ ひとりぼっちの挑戦

  7. 映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』

    ロン 僕のポンコツ・ボット

  8. 映画『ひらいて』山田杏奈

    ひらいて

  9. 映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』ヘンリー・ゴールディング

    G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ

  10. 映画『アミューズメント・パーク』リンカーン・マーゼル

    アミューズメント・パーク

  11. 映画『THE MOLE(ザ・モール)』ウルリク・ラーセン

    THE MOLE(ザ・モール)

  12. 映画『〈主婦〉の学校』

    〈主婦〉の学校

  13. 映画『最後の決闘裁判』マット・デイモン、ベン・アフレック、アダム・ドライバー、ジョディ・カマー

    最後の決闘裁判

  14. 映画『Our Friend/アワー・フレンド』ケイシー・アフレック/ダコタ・ジョンソン

    Our Friend/アワー・フレンド

  15. 映画『かそけきサンカヨウ』志田彩良/井浦新

    かそけきサンカヨウ

  16. 映画『キャンディマン』

    キャンディマン

  17. 映画『PITY ある不幸な男』ヤニス・ドラコプロス

    PITY ある不幸な男

  18. 映画『メインストリーム』アンドリュー・ガーフィールド

    メインストリーム

  19. 映画『燃えよ剣』岡田准一/柴咲コウ/鈴木亮平/山田涼介/伊藤英明

    燃えよ剣

  20. 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ニコラス・ケイジ/ニック・カサヴェテス

    プリズナーズ・オブ・ゴーストランド

  21. 映画『スターダスト』ジョニー・フリン

    スターダスト

  22. 映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ダニエル・クレイグ

    007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

  23. 映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ティモシー・シャラメ/レベッカ・ファーガソン

    DUNE/デューン 砂の惑星

  24. 映画『草の響き』東出昌大

    草の響き

  25. 映画『人生の運転手(ドライバー)~明るい未来に進む路~』イヴァナ・ウォン

    人生の運転手(ドライバー)~明るい未来に進む路~

  26. 映画『TOVE/トーベ』アルマ・ポウスティ

    TOVE/トーベ

  27. 映画『High Flash 引火点』ウー・カンレン/ヤオ・イーティー

    High Flash 引火点

  28. 映画『人と仕事』有村架純/志尊淳

    人と仕事

  29. 映画『護られなかった者たちへ』佐藤健/阿部寛

    護られなかった者たちへ

  30. 映画『素晴らしき、きのこの世界』ポール・スタメッツ

    素晴らしき、きのこの世界

  31. 映画『整形水』

    整形水

新着記事

映画『夜、鳥たちが啼く』⼭⽥裕貴/松本まりか 映画に隠された恋愛哲学とヒント集70:結婚してるのに、結婚していないのに

週末婚、事実婚という言葉が生まれたように、結婚のスタイルも多様化してきました。とはいえ、依然として“結婚”という概念には縛りがあります。今回は、『夜、鳥たちが啼く』『散歩時間~その日を待ちながら~』を例に考えてみました。

東京コミコン2022:ジェイミー・キャンベル・バウアー ジェイミー・キャンベル・バウアー

1988年11月22日イギリス、ロンドン生まれ。2007年『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』の…

映画『ハッピーニューイヤー』 ハッピーニューイヤー

『猟奇的な彼女』等ヒット作を数々生み出してきたクァク・ジェヨン監督が、韓国人気俳優の豪華共演で描くこの群像劇は…

映画『君だけが知らない』ソ・イェジ ソ・イェジ

1990年4月6日韓国生まれ。2013年、ドラマ『ジャガイモ星 2013QR3』でデビュー。2016年には…

映画『ラーゲリより愛を込めて』二宮和也 ラーゲリより愛を込めて

本作は、第二次世界大戦が終戦した後、シベリアの強制収容所=ラーゲリで不当に拘留されていた…

海外ドラマ『AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章』サラ・ジェシカ・パーカー サラ・ジェシカ・パーカー

1965年3月25日アメリカ、オハイオ州生まれ。“イノセント”“サウンド・オブ・ミュージック”“アニー”など…

【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】 【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】3名様プレゼント

【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】3名様プレゼント

おすすめ記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

PRESENT

  1. 【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】
  2. 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック
  3. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
PAGE TOP