REVIEWデート向き映画判定

  1. 映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』二宮慶多/水野哲志/奥村門土/中島セナ

    ウィーアーリトルゾンビーズ

    タイトルにゾンビとついてますが、ゾンビ映画ではありません。両親を失い、たまたま同じ時に葬儀場にいた4人の13歳の少年少女、ヒカリ、イシ、タケムラ、イクコが、失った心を取り戻していく心理的アドベンチャーです。普通なら…

  2. 映画『泣くな赤鬼』堤真一/柳楽優弥

    泣くな赤鬼

    タイトルから熱血先生のお話かと思いきや、中年の危機、大人の燃え尽き症候群を描いています。野球部の顧問と生徒とくれば、顧問の教師が問題児を更正して、強いチームになっていくというような内容が定番ですが…

  3. 映画『旅のおわり世界のはじまり』前田敦子/加瀬亮/染谷将太/柄本時生

    旅のおわり世界のはじまり

    自分で何がやりたいのかわからなくなっている主人公が、現状にしっくりこず「私の居場所はここではない」と何となく感じていながらも、自分なりに努力している姿にまず共感。彼女が努力もせずに、現状を不服に思っているなら…

  4. 映画『ガラスの城の約束』ブリー・ラーソン

    ガラスの城の約束

    ジャネット・ウォールズの自叙伝「The Glass Castle」を映画化した本作は、ホームレスの両親に育てられた子どもの半生を描いています。 これはただ貧しいだけの家族の話ではなく…

  5. 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

    ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

    最初から最後まで息もつかせぬ緊張感と大迫力で、132分もあっという間です。『GODZILLA ゴジラ』から5年後の世界を舞台に、神話時代の怪獣、ゴジラ、キングギドラ、モスラ、ラドンらが…

  6. 映画『パージ:エクスペリメント』イラン・ノエル/レックス・スコット・デイヴィス

    パージ:エクスペリメント

  7. 映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ

    メモリーズ・オブ・サマー

  8. 映画『町田くんの世界』細田佳央太/関水渚

    町田くんの世界

  9. 映画『アラジン』メナ・マスード/ナオミ・スコット

    アラジン

  10. 映画『パドマーワト 女神の誕生』ディーピカー・パードゥコーン

    パドマーワト 女神の誕生

  11. 映画『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅 』ダヌーシュ

    クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅

  12. 映画『海獣の子供』

    海獣の子供

  13. 映画『アナと世界の終わり』エラ・ハント

    アナと世界の終わり

  14. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース

    バーフバリ2 王の凱旋

  15. 映画『バーフバリ 伝説誕生』プラバース

    バーフバリ 伝説誕生

  16. 映画『誰もがそれを知っている』ハビエル・バルデム/ペネロペ・クルス

    誰もがそれを知っている

  17. 映画『僕はイエス様が嫌い』佐藤結良

    僕はイエス様が嫌い

  18. 映画『長いお別れ』蒼井優/竹内結子/松原智恵子/山﨑努

    長いお別れ

  19. 映画『さよならくちびる』小松菜奈/門脇麦

    さよならくちびる

  20. 映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』レオナルド・シャイヒャー/トム・グラメンツ/ヨナス・ダスラ―/レナ・クレンク/イザイア・ミカルスキ

    僕たちは希望という名の列車に乗った

  21. 映画『バイオレンス・ボイジャー』

    バイオレンス・ボイジャー

  22. 映画『神と共に 第一章:罪と罰』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/チャ・テヒョン

    神と共に 第一章:罪と罰

  23. 映画『空母いぶき』西島秀俊/佐々木蔵之介

    空母いぶき

  24. 映画『ガルヴェストン』エル・ファニング

    ガルヴェストン

  25. 映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ/ルーカス・ヘッジズ

    ベン・イズ・バック

  26. 映画『居眠り磐音』松坂桃李

    居眠り磐音

  27. 映画『RBG 最強の85才』ルース・ベイダー・ギンズバーグ

    RBG 最強の85才

  28. 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』オレグ・イヴェンコ

    ホワイト・クロウ 伝説のダンサー

  29. 映画『コレット』キーラ・ナイトレイ

    コレット

  30. 映画『うちの執事が言うことには 』永瀬廉(King & Prince)/清原翔

    うちの執事が言うことには

  31. 映画『バグダッド・スキャンダル』テオ・ジェームズ/ベン・キングズレー

    バグダッド・スキャンダル

新着記事

映画『悪人伝』マ・ドンソク 悪人伝

ヤクザと刑事が手を組んで、無差別連続殺人犯を追い詰めるという奇想天外なお話ですが、本作は実際の事件に基づいて創作されたというから驚き。どこまでが実際の事件の部分で、どこからがフィクションなのかとても気になりますが…

Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』荒川良々 呪怨:呪いの家

映画の“呪怨”シリーズは、清水崇監督の邦画版と洋画版(サム・ライミ製作)の両方で何作も作られたので、もう慣れたつもりで最初は余裕をぶっこいて観てましたが…

映画『チア・アップ!』チャーリー・ターハン チャーリー・ターハン

1998年6月11日アメリカ、ニュージャージー州生まれ。2007年から子役としてキャリアをスタートさせ、8歳の時にウィル・スミス主演『アイ・アム・レジェンド』で長編映画デビューを飾る。2010年の映画『きみがくれた未来』では…

映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト ブリット=マリーの幸せなひとりだち

具体的に何がと言い表すのは難しいですが、スウェーデン映画独特の空気感がとても心地良く感じられる作品。原作者は『幸せなひとりぼっち』のフレドリック・バックマンで…

映画『MOTHER マザー』長澤まさみ/奥平大兼 心理学から観る映画15-2:人格や人間関係に大きく影響する“愛着”の問題

前回の“移行対象”のお話の中で少し“愛着”について触れました。愛着(アタッチメント)とは「特定の人と結ぶ情緒的なこころの絆」(米澤好史 2020)と定義されていて、愛着形成の3つの基地機能として、安全基地、安心基地、探索基地という機能があるということをご紹介しました。今回はさらに“愛着”について掘り下げます。

映画『透明人間』エリザベス・モス 透明人間

この物語には2種類の怖さがあり、1つは透明人間にまでなって主人公セシリアを追ってくるエイドリアンという男の…

映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング〜』ローラ・ベンソン タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング〜

ルーマニア出身の女性監督アディナ・ピンティリエが手掛けた初めての長編映画となる本作が、世界三大映画祭の1つとされるベルリン国際映画祭2018で金熊賞(最高賞)と最優秀新人作品賞をW受賞し…

おすすめ記事

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

部活・イベント

  1. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  4. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  5. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
PAGE TOP